ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

遅くても抜ける前衛アタックの打ち方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!

前衛・後衛ともに、ソフトテニスで重要な得点源となってくるのが前衛アタックです。

まず皆さん前衛アタックというと、とにかく速いボールで相手の正面や左右をぶち抜くといった意識で打っていませんか?

もちろんその意識でも抜けることは抜けるのですが、それだと反応のいい前衛やレベルの高い試合になってくると簡単にボレーされてしまいます。

そして何よりリスクが高いためミスが増えます。
いくら得点することができてもその分ミスが増えてしまったら意味がないですよね?

そこで今回はタイトルの通り、遅くても抜ける前衛アタックの打ち方について紹介します。(前衛サイドのセカンドレシーブでの前衛アタックを想定して話していきますね)

遅くても抜ける前衛アタックの打ち方とは?

それほど速くないボールで相手前衛を抜くためには、もちろん工夫が必要です。

その工夫とは「視線」「身体の向き」です。

つまり視線と身体の向きで相手前衛にフェイントをかけるということですね。

そして最も重要なのが、フェイントをかける対象が相手前衛の「脳」だということです。

一体どういうことか?

実はソフトテニスを極めた人であればあるほど「この打ち方ならこっちにボールがとんでくる」という傾向が直感的にわかるようになってくるんです。

それは意図的ではなく本能的に判断してしまうものなので、その逆をつかれるとどうしても反応が遅れてしまうんですね。

このアタックの打ち方は、その前衛の特性を利用した打ち方なんです。

では一体どのようにして打つのか?そこまで難しいことはありません。

オープンスタンスでしっかりと肩を閉じ、あからさまに逆クロスに打つ構えから、上半身だけを回転させ、手だけでストレートに打つのです。

ボールを打つ前も打った後も視線は逆クロスへ向けます。大変難しいですが、バスケでよく見られるノールックパスと同じ感覚です。

言葉だけだとわかりにくいかもしれないのでこの動画を参考にしてください。

下のリンクからユーチューブに飛べます。
レシーブではありませんが、やっていることは同じです!

トリックショット

動画の途中(15秒経過のところ)でこの選手が引っ張る方向に角度のついたボールを打っていますが、身体も視線も完全にそっちを見ていませんよね?

これが相手の脳を騙す打ち方なんです。

これを前衛との距離が近いセカンドレシーブで行うと、相手の反応が追いつく前に抜くことが出来るので、ボールの速度が遅くても抜ける前衛アタックが成り立つということです。

最初は視線を外しながらアタックを打つのは難しいかもしれませんが、この視線や身体のフェイントの使い道は他にもたくさんあるので、皆さんも色々なことに応用してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方。SNSで拡散してもらえると励みになります!
ツバサでした!!

関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年4月5日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)