ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

スライス回転を使うタイミングとは?

スライス回転を使うタイミングとは?

ソフトテニスの試合で打たれるボールのほとんどは、ドライブ回転のかかったボールです。

相手コートにできるだけ速いボールを収めることを考えると当然なのですが、実はスライス回転にも有効な使い方がいくつもあるんです。

そこで今回はスライス回転を使うタイミングを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

スライス回転を使うタイミングは?

⑴時間を稼ぎたいとき

防戦一方でフォローの体勢が整っていないときなど、時間稼ぎとしてスライス回転を使います。

できるだけ高くて深いボールを上げて、時間を稼ぎながら体勢を整えましょう。

このときサイドではなくセンターにボールを上げることで、次に相手が打てる角度を狭くすることができます。

⑵相手の意表をつきたいとき

こちらは上級者向けの使い方になりますが、相手の意表をつきたいときにもスライス回転は使えます。

ショルダーカットのようにボールを上から斜め下に激しくカットすることで、スライス回転ながら急激に落ちるボールを打つことができるんです。

カットが甘いとボールが落ちずにアウトしてしまうので、完璧に使いこなせるようになってから使うようにしましょう。

⑶ボールにギリギリ届くとき

大きく走らされてボールにギリギリ届いたとしても、ドライブ回転のボールをまともに打つことはできませんよね。

しかしスライス回転のボールなら手先でも簡単に飛ばせてコントロールすることができます。

時間を稼ぐためにロブを上げるのが普通ですが、ショルダーカットのように激しくカットして形成逆転を狙っても良いですよ。

まとめ

今回の内容をまとめると、

【スライス回転を使うタイミング】
⑴時間を稼ぎたいとき
⑵相手の意表をつきたいとき
⑶ボールにギリギリ届くとき

といった感じですね!

あまり使われないスライス回転のボールですが、今回紹介したように有効な使い方がいくつもあるんです。

特にシングルスでは使う機会も多いので、念のため練習しておくようにしましょう!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)