ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

韓国式バックハンドの打ち方やメリットを紹介!

韓国式バックハンドの打ち方やメリットを紹介!

・バックハンドが苦手…
・速い球がなかなか打てない…

このような選手は韓国式バックハンド、いわゆる「韓国バック」を試してみても良いかもしれません。

そこで今回は韓国式バックハンドの打ち方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

韓国式バックハンドとは?

通常のバックハンドと韓国式バックハンドの最も大きな違いは「左手の使い方」です。
こちらの記事で書いた通り、通常のバックハンドは左手を右の脇の下へ差し込むようにグッと突き出します。

しかし韓国式バックハンドの左手の使い方は少し特殊なんです。

韓国式バックハンドの打ち方

テイクバックから右足を踏み込むまでは通常のバックハンドと同じ動作で構いません。

重要なのは左手を右の脇の下へ差し込むのではなく、左手で右ひじの内側を押しながら両手でスイングするということです。

左手が右ひじから離れた後、身体は流れに任せて回転させましょう。

通常のバックハンドと韓国式バックハンドの違いはこの1点だけなんですね。

韓国式バックハンドのメリット

⑴インパクト面が安定する

単純に両手でスイングすることになるためラケット面が安定し、相手のボールに対して力負けすることがなくなります。

この点が韓国式バックハンドの最大のメリットです。

⑵ある程度スピードのあるボールが打てる

通常のバックハンドは左手主導の身体の回転がうまく使えないと速いボールを打つことは難しいです。

しかし韓国式バックハンドは両手の力でスイングできるため、簡単にスピードのあるボールを打つことができます。

韓国式バックハンドのデメリット

韓国式バックハンドは安定して簡単に速いボールを打つことができますが、通常のバックハンドと比べるとそのスピードは劣ります。

そのため安定した堅実なバックハンドを目指している方は韓国式バックハンドでも良いと思いますが、バックハンドを武器にしたいと考えている方にはおすすめできません。

まとめ

今回の内容をまとめると、

①通常のバックハンドと韓国式バックハンドの最も大きな違いは「左手の使い方」。

②韓国式バックハンドでは、左手を右の脇の下へ差し込むのではなく、左手で右ひじの内側を押しながら両手でスイングする。

【韓国式バックハンドのメリット】
⑴インパクト面が安定する
⑵ある程度スピードのあるボールが打てる

といった感じですね!

今までどれだけ練習してもバックハンドがなかなか上手くいかなかったという方は、一度韓国式バックハンドを試してみてください。

通常のバックハンドのコツを掴むきっかけになるかもしれませんよ!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)