ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

実戦的な「ポール回し」の打ち方|狙うポイントは?

実戦的な「ポール回し」の打ち方|狙うポイントは?

皆さんは「ポール回し」という技術をご存知ですか?

角度のついた相手の打球によってコートのサイドラインから外に出されたときに、ネットを張るためのポールの横を通して相手のコートへ打ち込むショットのことです。

某テニスアニメでいうスネークですね!

例え地面スレスレの打球でもポールの横を通してコートに入れてしまえば、ルール上このボールはインになります。

打つ機会は非常に少ないと思いますが、覚えておくと意外と役に立つ技術です。

そこで今回は実戦的な「ポール回し」の打ち方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ポール回しの打ち方

ポール回しの打ち方ですが、実はこれといって意識することはありません。

強いて言うならば、ボールの外側を叩くようなイメージで打つことくらいですね!

ポール回しで重要なのは打ち方ではなく、コートのどこを狙うかなんです。

ポール回しで狙うべきポイント

ポール回しという名前が付いているからか、ほとんどの人は狙いを支柱に定めて打ってしまっています。

しかしそれではネットにかかってしまうか、相手前衛にストレートボレーをされて終わりです。

そのためポール回しを打つ場合は、ポール回しで狙うべきポイントこの黄色の星の部分、つまり相手コートの角をピンポイントで狙う必要があるんです。

なかなかリスクの高いコースになりますが、ここを狙って打たなければポール回しは成功しません。

そのためミスができない場面では使うのを避けたほうが良いですね!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①「ポール回し」とは、ネットを張るためのポールの横を通して相手のコートへ打ち込むショットのこと。

②ポール回しを打つときは、ボールの外側を叩くようなイメージで打つ。

③ポール回しで狙うべきポイントは、相手コートの角。

④ポール回しはリスクが高いため、使いどころには注意する。

といった感じですね!

ポール回しは試合の流れを変えることができる派手なショットです。

しかしハイリスクハイリターンな技術なので、試合で使う前にしっかりと練習してからにしましょうね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)