ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハンドを武器に!流しの中ロブをマスターするべき理由

バックハンドを武器に!流しの中ロブをマスターするべき理由

前衛・後衛ともに、バックハンドが苦手な方は多いと思います。

しかしその原因は単純で「絶対的な練習不足」これに尽きます。

フォアハンドと同じ数だけ打てば苦手を克服できるどころか、バックハンドを武器にすることもできるんです。

そこで今回はバックハンドを武器にするために重要な、流しの中ロブをマスターするべき理由を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

バックハンドを武器にするためには?

流しの中ロブをマスターする

バックハンドを武器にするためには「流しの中ロブ」をマスターするべきです。

後衛の方、右ストレート展開でセンターに飛んできたボールを、バックハンドでクロスへ中ロブを打てますか?
バックハンドの流しの中ロブ1
前衛の方、サイドに入った相手のファーストサーブを、バックハンドでストレートへ中ロブを打てますか?
バックハンドの流しの中ロブ2
もちろんしっかりとドライブ回転のかかった、サイドに逃げていくような攻めの中ロブです。

この中ロブが打てる方は、すでに完成度の高いバックハンドを打つことができているため、自分のバックハンドに自信を持ってください!

なぜ流しの中ロブなのか?

理由は単純「バックハンドの技術の中で、流しの中ロブが最も難しいから」です。

つまり流しの中ロブをマスターすることで、バックハンドで大切なポイントを全て押さえることができるということです。

身体の使い方やスイングの軌道など全てが上手く噛み合わなければ、このコースに打つことはできないですからね!

また流しの中ロブをマスターすることで得られるメリットは他にもあります。

流しの中ロブのメリット

それは「相手前衛に取られる可能性が非常に低い」ということです。

なぜならバックハンドは引っ張りのコースに打ちやすいため、前衛は流しのコースに意識をあまり置きません。

流しのコースに速い中ロブを打たれることは滅多にないため、そのコースを優先的に張る必要がないんです。

つまりバックハンドから打たれる流しの中ロブは「前衛の意識の最も外側にあるコース」ということですね。

攻めとしてだけでなく、1本しのぐ必要がある場面でも使えるのは助かりますよね!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①バックハンドを武器にするためには、流しの中ロブをマスターするべき。

②バックハンドの技術の中で流しの中ロブが最も難しいため、大切なポイントを全て押さえることができる。

③相手前衛の意識の外側にある流しの中ロブは、取られる可能性が非常に低い。

といった感じですね!

バックハンドの流しの中ロブ。

ストロークの中で最も難しい技術ですが、完全に使いこなせるようになれば大きな武器になります。

地道に練習して、できるだけ早くマスターできるよう頑張りましょう!

バックハンドについて書いた、こちらの記事も参考にしてください!
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

(最終更新:2018年1月9日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)