ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハンドの練習法|簡単で効率の良い方法とは?

バックハンドの練習法|簡単で効率の良い方法とは?

バックハンドが苦手な選手は多いです。

フォアハンドより打つ回数が少ない分、どうしても苦手意識を抱いてしまいますよね。

しかしバックハンドは一度フォームやコツを掴んでしまえば、実はフォアハンドより安定して打つことができる打ち方です。

そこで今回は簡単で効率の良い、バックハンドの練習法を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

バックハンドの練習法

バックハンドの練習法
☆(黄)ボール出し
◯(赤)練習者

※画像には書いていませんが、ボール出し側のネットには前衛をつけましょう、それだけで練習の質が大きく変わってきます。

それではこの練習の流れを説明していきますね。

まず練習者がセカンドサーブを打つモーションにリズムを合わせて、ボール出しはセンター(①)にシュートボールを出します。

練習者はセンターへ走り、そのボールを右のコーナーへ中ロブで返しましょう。

ボール出しは間髪入れずに②にシュートボールを出します。

練習者はそのままサイドへ走り、そのボールをストレートへシュートボールで返しましょう。

そして途中でシュートボールとロブを交代します。

①から右のコーナーへシュートボール、②からストレートへ中ロブを打つということですね。

練習に慣れてきたら、①から左のコーナーへ、②から右のコーナーへのコースも練習しましょう!

この練習はとても簡単ですが、実はとても優れている練習法なんです。

この練習法の優れている点

実践を想定した場面設定

この練習法はバックハンドを最も使う場面を想定しています。

特にセンターへのシュートボールをバックハンドで返す場面は、前衛・後衛ともに最も多いです。

ボール出しの位置を変えることで、さらに様々な場面を想定した練習ができるようになりますよ!

全てのコースと球種を練習できる

バックハンドでは打ちやすい引っ張りのコースにばかり打ってしまいがちです。

しかしこの練習法は、引っ張りと流し、両方の打ち方を練習することができます。

さらにシュートボールをシュートボールで返すだけでなく、シュートボールをロブで返すことで、柔軟なバックハンドが身に付きますよ!

まとめ

フォアハンドより打つ回数が少ない分、バックハンドは集中的に練習する必要があります。

バックハンドはこの練習法を極めるだけでも、かなり上達することが可能なので、ぜひ練習の中に取り入れてみてくださいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)