ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛が得点しやすいラリーとは?意識するべき3つのポイント

前衛が得点しやすいラリーとは?意識するべき3つのポイント

いくら頑張ってラリーを続けても前衛が得点してくれない…

このような悩みを抱えた後衛の方は多く、その中には前衛の実力不足と決めつけてしまっている方もいますが、実は後衛の試合運びにも少なからず原因があります。

そこで今回は後衛の方に向けて、前衛が得点しやすい試合運びの方法を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

前衛に得点させるためには?

⑴センター寄りにボールを集める

前衛に得点させるためには、できるだけセンター寄りにボールを集めるのが最も効果的です。

センターにボールを集めると、相手は角度のついたボールを打つことができないため、前衛は少ない移動距離でボレーすることができます。

すると相手が打つギリギリまで動くタイミングを遅らせることができるので、抜かれるリスクも大幅に減るということです。

センターを使った攻め方はこちらの記事にも詳しく書いてあります。

⑵できるだけコースを変えない

前衛に得点させるためには、ラリー中にできるだけコースを変えないことも重要なポイントです。

中ロブで相手後衛を動かした方が前衛は得点しやすいと思っている後衛の方も多いですが、基本的にコースは変えないようにしましょう。

なぜならコースを変更すると前衛もポジションを変える必要があるため、相手後衛を観察する時間がほとんど無くなり、間合いを合わせづらくなってしまうからです。

同じコースでラリーを続けるのは大変ですが、前衛に得点してもらいたいときは我慢してラリーを続けましょう。

⑶深いボールを中心に打つ

深いボールを打つことは、前衛に得点してもらうための最低条件となります。

たまに打つ短いボールは戦術として有効ですが、基本的には深いボールを安定して打ち続けると前衛はラリーに絡みやすいです。

また前衛からすると速すぎるボールは逆に絡みづらいため、リスクを負って速いボールを打つよりも、深いボールをミスなく打つ方がローリスクハイリターンと言えます。

センター寄りに深いボールを安定して打てるようになるとベストですね。

⑷相手後衛を少し動かす

先ほど「できるだけコースを変えない」と書きましたが、あまり正面に打ちすぎると相手後衛に余裕が生まれてしまいます。

そのため少し難しいかもしれませんが、相手後衛を数歩動かす位置にボールを打つようにしましょう。

ベストは相手後衛をセンター寄りに少し動かすか、回り込ませるかのどちらかです。

とても些細なことですが、これだけで前衛の動きやすさが大きく変わってきますよ。

まとめ

今回の内容をまとめると、

【前衛に得点させる方法】
⑴センター寄りにボールを集める
⑵できるだけコースを変えない
⑶深いボールを中心に打つ
⑷相手後衛を少し動かす

といった感じですね!

自分の前衛に得点してもらうためには、少なからず後衛も工夫する必要があります。

2人でしっかりと話し合って、ペアで得点しやすい展開を見つけていきましょう!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)