ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハンドのコツは「左手」の使い方

バックハンドのコツは「左手」の使い方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通りバックハンドのコツについてお話しします。

バックハンドが苦手な方はおそらく根本的な打ち方のイメージが違っているので、今日はそこを修正していきますね!

前衛最短育成理論のバナー

バックハンドは「左手」で打つ

左手で打つとはどういうことか?
もちろんラケットを持ち替えるわけではありません(笑)

簡単に言うと「スイングの勢いを左手で主導する」ということです。
今から説明するので皆さん実際にやりながら読んで下さいね。

まずバックハンドのテイクバックが完了した状態になり、左足1本で立ちます。

そのときに、胸を張るように左ひじを後ろに大きく引いておきます。
慣れるまでは左手の親指で自分のわきのへこんでいる部分に触れるくらい高く思い切り引いて下さい。

このとき出来ればラケットヘッドは上に立つよう上げておいて下さい。

この状態がバックハンドの理想のテイクバックです。

そしてボールが飛んできたら右足を踏み込みますね?その右足を踏み込んだ直後です。

後ろへ引いていた左手をグッと右手のわきの下へ差し込むように思い切り突き出して下さい。
すると身体はどうなりますか?

勢いで右側へと回転しますよね?
この回転力を利用し腰を回転させ、最後右腕へと力を順に伝えていくのです。

つまりバックハンドは「右足の踏み込み左手での身体の回転の主導腰の回転右手でのスイング」と力を伝えていくのが理想なのです。

こうすることで余分な力を必要とせずに、安定した力強いボールを打つことができるんです。
しかしバックハンドが苦手な人のほとんどは、この流れの中の「左手での身体の回転の主導」が抜けているんです。

つまり、なんの勢いもなしに腰を回転させようとしているんです。それでは当然不自然なフォームになるのも頷けますよね。

「テイクバックで左ひじを後ろへ引き、打つ直前に前へ突き出す」

たったこれだけでバックハンドのフォームが目に見えてスムーズになります。
非常に簡単かつ効果的なので、今までバックハンドが苦手だった方は是非明日から意識して練習してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月12日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. とても参考になりました!!チームメイトにはバックハンドが弱点だって覚えられてしまいいつも狙われていたのですが、バックハンドで強いボールを打ち返して点をとった時の相手のポカンとしている顔が忘れられないくらいです。本当にありがとうございました!

    • それはそれはこの記事を書いた甲斐がありました!
      バックハンドが武器だと思われるくらいにしてやりましょう!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)