ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

スマッシュのスピードを劇的に速くする3つのポイント

スマッシュのスピードを劇的に速くする3つのポイント

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、スマッシュを速くするためのポイントについてお話ししますが、このスマッシュはイースタングリップでのスマッシュを前提としてお話ししています。

そのためこちらの2つの記事に目を通しておくことをお勧めします!

イースタングリップでのスマッシュをおすすめする理由
「サーブ&スマッシュのグリップの正解は?」

イースタングリップでのスマッシュの打ち方
「イースタングリップで打つための身体の使い方」

前衛最短育成理論のバナー

スマッシュを劇的に速くするための3つのポイント

1.腰の反り。

ほとんどの選手はスマッシュの際、ほぼ直立不動で構えていますが、スマッシュの速度が速いトップクラスの前衛の選手達を見てみると、身体をエビのように反って構えているのがわかると思います。

ジャンピングスマッシュは特にわかりやすいですよね。
ラケットヘッドと足のカカトが接触するくらい、空中でエビ反りになる選手も少なくありません。

この「反り」をスイングの直前に一気に戻し解放することで、スマッシュのスピードを上げることが出来るんです。

これは難しいですが、今日の3つのポイントの中で最もスピードを上げることが出来るポイントです。

2.左腕の振り下ろし。

「サーブとスマッシュの左手の使い方の違い」
こちらの記事でも書いた通り、スマッシュは左腕を振り下ろす勢いでスイングするため、そのスピードが速ければ速いほど、右腕のスイングも比例して速くなります。

こちらは簡単にスピードを速くすることが出来ますが、注意する点がひとつだけあります。

それは「左腕の振り下ろしと同時に頭まで下げてしまわないこと」です。

目線のブレに繋がってしまうため、頭のブレは厳禁です。
この点にだけ注意して、頭がブレない程度のスピードで左腕を振り下ろすことを意識しましょう。

3.「伸張反射」を利用する。

これは非常に説明が難しいのですが、頑張るので皆さんも頑張って理解して下さい(笑)

人の筋肉には伸張反射という仕組みがあります。
皆さんにわかりやすいよう簡単に例を挙げて説明すると、握りこぶしを前へ突き出し、パンチをした後の格好から、思い切りひじを後ろに引いてみて下さい。

すると、ひじを引ききったところから、反動で握りこぶしがまた前にグッと進みますよね?

これは筋肉が急に伸ばされたことにより、一瞬で収縮しようという身体の仕組みによるものなんです。

この「反動による筋肉の戻り」を伸張反射というんですね。
この仕組みを利用して、スマッシュのスイングスピードを上げるのが3つ目のポイントなんです。

ではどのように伸張反射を利用してスイングスピードを上げるのか、今から説明していきます。

まずはスマッシュの構えの際にラケットヘッドを上に、つまり空に向かって「立てて」構えます。

そしてボールが落下してきますが、ラケットはギリギリまで動かしません。
ここで動かさなければ間に合わない!という瞬間まで我慢し、ギリギリのところでひじを一気に高く上げます。

するとラケットヘッドは自然と背中の方へ落ちていきますね?
背中の方、つまり最終的にスイングしたい方向とは逆にラケットは動いていきます。

その瞬間、一気に伸びたあなたの肩まわりの筋肉達は、一斉に収縮してもとに戻ろうとします。

もとに戻る方向とは?
そう、あなたがスイングしたい方向です。

この伸張反射による初速の加速が、スマッシュのスピードを劇的に速くするための3つ目のポイントなんですね。

簡単にまとめると「ラケットヘッドを立てた構えの状態から、一気に背中の方へラケットヘッドを落とした反動で、スイングの初速を加速する」ということです。

残念ながら私の説明ではわからなかった…という方は「伸張反射 スマッシュ」とウェブで検索すれば分かるかもしれないです…笑

今日の内容をまとめると、
スマッシュのスピードを劇的に速くするためのポイントは3つ、

1.構えで身体を反り、その反動を利用する。
2.左腕の振り下ろしのスピードを利用する。
3.伸張反射による筋肉の反動を利用する。

ということですね!
3つとも何かしらの「反動」を利用していることに気付けましたか?

これは筋力がない選手でも、充分に速いスマッシュを打つことが出来るということです。

速さが全てではありませんが、スマッシュは速いに越したことはありません。
意識できるところから少しずつでもいいので、今日の内容を意識してスマッシュのスピードを上げていけたらいいですね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月26日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)