ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

フォアストレートボレーで引っ張るための3つのポイント

フォアストレートボレーで引っ張るための3つのポイント

フォアストレートボレー。

ポーチボレーの中で最も怖く感じてしまうコースではないかと思います。

しかしフォアストレートボレーでしっかりとクロスに引っ張ることができれば、逆クロス展開・右ストレート展開でかなり動きやすくなりますよね。

そこで今回はフォアストレートボレーで引っ張るための3つのポイントを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

フォアストレートボレーで引っ張るための3つのポイント

⑴身体の正面でインパクトする

フォアストレートボレーでクロスに引っ張るためには、まず相手が打ったボールを身体の正面でインパクトする必要があります。

もちろん身体の正面でインパクトするのは怖いです。

しかし身体に当たるのが怖いからといって遠くでボレーすると、チップやサイドアウトにつながってしまいます。

恐怖心を捨て、身体の正面でボールを受け止めるくらいのつもりで走りましょう!

⑵ラケットを引く動作を少なくする

フォアストレートボレーで引っ張るときは、ラケットを引く動作をできる限り少なくします。

ラケットを構えた状態から、さらに前へ押し出すようにボレーするんです。

タイミングをとるために多少ラケットを引く動作は構わないですが、必要以上に引いてしまうとラケットが遅れ、その結果クロスに引っ張ることができなくなってしまいます。

そのため「前から前へ」この意識を持ってラケットを操作してくださいね!

このラケット操作だとボールが飛ばない…という方はこちらの記事をご覧ください。

⑶思い切り走り抜ける

インパクト後に思い切り走り抜ける意識を持つことで、スムーズにクロスへ引っ張ることができます。

さらに恐怖心も緩和されるため、身体の正面でインパクトすることが怖い方は、少し極端に走り抜けてみても良いかもしれません。

走り抜けることで単純にボレーのはじきも良くなりますしね!

まとめ

今回の内容をまとめると、

【フォアストレートボレーで引っ張るための3つのポイント】
⑴身体の正面でインパクトする
⑵ラケットを引く動作を少なくする
⑶思い切り走り抜ける

といった感じですね!

フォアストレートボレーは確かに怖いですが、武器にできれば心強い技術です。

今回紹介したポイントを意識して練習してみてくださいね!

ストレートボレーに関する記事はこちらからご覧ください。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)