ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

アタック止めは気合いじゃ無理?

アタック止めは気合いじゃ無理?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はアタック止めについてお話しします。

アタック止めの中でも、相手のセカンドレシーブでの前衛アタック止めを想像して聞いてもらえるとわかりやすいと思います。

アタック止めを苦手としている前衛の方は多いと思います。
苦手な原因としてはやはり近くから打たれるため「ボールが速くて怖い」という方がほとんどではないでしょうか?

誰しもあんなに近くからボールを打たれて怖いのは当たり前です。

しかしアタックは怖がらなければ止められるというわけではないのです。
精神論だけでなく、きちんとした技術やポイントが必要ですから。今日はそのポイントと、練習方法を紹介しますね。

前衛最短育成理論のバナー

アタック止めは攻めの意識

「攻めの意識」これがアタック止めをするにあたって1番大事なポイントになります。

「守る」という意識だからとれないんです。
逆に、相手にここに打たせてそのボールを足元に思いっきり弾いてやろう。という意識で「自ら前に出て」ボレーしようとしてみて下さい。

たったそれだけ「守り」から「攻め」の意識に変えただけで、驚くほどボールがよく見えるようになり、ボレーも「パーン!」と弾き返せるようになります。

これは精神的なものに聞こえますが、脳科学的にも証明されているものなので、この意識のシフトの効果は本当に絶大です。

それでも怖いという方。野球のキャッチャーがかぶるメットをつけ、「ボールを見る」練習をしましょう。
ラケットは持たなくて構いません。至近距離からボールを思い切り打ってもらい、そのボールを目で追うだけです。

やってみると意外なことに、ボールが打たれてから自分の目の前に到達するまで思ったより時間があること、見ようとすればボールはしっかりと見えることに気付くことができます。

・アタック止めは「守り」ではなく「攻め」だということ。

・ボールは意外にも簡単に見えるということ。

たったこれだけ頭に入れておくだけで、アタック止めに余裕ができます。

あとはもう根性と動体視力ですね!
動体視力はアタック止めをする上で非常に重要です。

私の教えている高校では動体視力を劇的に良くするトレーニングを行っています!
詳しくは動体視力の最も簡単な鍛え方をご覧ください。

今までアタック止めが苦手だった方、明日から意識を変えて、ここぞというときに頼りになる前衛になって下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中学3年生前衛です。相手レシーブのアタック止めが出来ません。どうすれば良いでしょうか、、、

    • 過去記事にアタック止めについての記事があるので、そちらをご覧ください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)