ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックボレーは左手で引っ張る?

バックボレーは左手で引っ張る?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はバックボレーの正しい引っ張り方についてお話しします。

主に「正クロス展開でのストレートパッシングを抑える場面」、もしくは「左ストレート展開でポーチボレーに出る場面」を想定して話していきますね!

今日はその場面の中でも、ギリギリ届くか届かないかのバックボレーについてです。

身体の内側や正面にきたボールは簡単に引っ張ることができると思いますが、遠いボールのバックボレーはなかなか引っ張りきれず、そのため後衛の正面に返ってしまったり、またサイドアウトしてしまったりした経験はありませんか?

それはラケットや身体の使い方が間違っているからなんです。遠くのバックボレーは少し特殊な身体の使い方をする必要があります。

前衛最短育成理論のバナー

遠くのバックボレーを引っ張るポイントとは?

遠くのバックボレーを引っ張る際、ラケットの操作はほとんどしません。重要なのは「左手」です。想像しながら読んで下さい。

左ストレートのバックボレーに右足、左足と走ります。そして最後の残り1歩の右足、そのまま普通に走っても届かない位置にボールが飛んできました。そのときあなたは最後の右足を出すと同時に「左手を後ろにめいっぱい引く」んです。正確には左肩を引きます。

そうすると相手に背中を向けることになりますね?ボールが見えないじゃないか、と思うかもしれませんがそれでいいんです。見れるギリギリまでボールを見て、最後は完全に後ろを向いてしまって構いません。

するとラケットがグンと奥に伸びますね?これが遠くのバックボレーの引っ張り方なんです。

左手を引いて後ろを向くことで、遠くのボールに届くのはわかったけど、これだけで本当に引っ張れるの?と思った方もいるかもしれませんが、これだけで本当に引っ張ることができます。

なぜかというと、グンと急にラケットが伸びることにより、ボールの右側から左側に向かって擦るようなインパクトに自然となっているからです。

上手い選手で、そんな体勢から引っ張れるの?!というボレーは、全てこの面の使い方をしています。1度やってみるとわかると思いますよ。

このラケットの使い方を覚えると全てのボレーで同じことが出来るので、絶対に覚えておくべきです。皆さんも練習を重ねて感覚を掴み、ボレーの幅を広げて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)