ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ストレートのバックボレーのコツと2種類の引っ張り方

ストレートのバックボレーのコツと2種類の引っ張り方

ストレートのバックボレー。

正クロス展開からのストレートパッシングを止めるためにも必要不可欠な技術です。

難しいコースですが、画像のように引っ張るコースに弾きかえすことができたら理想ですよね。
左ストレートのバックボレーの図
しかし…

・そもそもボールに届かない

・届いても引っ張るコースに返せない

このような悩みから、ストレートのバックボレーを苦手とする前衛の方は多いです。

そこで今回はストレートのバックボレーのコツと2種類の引っ張り方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ストレートのバックボレーのコツ

ボールに届かない場合

まずストレートのバックボレーに出ても届かない方。

ネットを張るためのポールの真上でボレーするイメージで出てみてください。
こちらの記事にかなり詳しく書きましたが、ストレートボレーは「どこでボレーをインパクトするか」イメージを持つことが非常に大切です。

もちろんスタートポジションやポーチに出るタイミングも重要ですが、まずは「どこに向かってボレーに出るか」を定めることが最優先なんですね。

そうすることで自然と走り抜けることができるので、ボールに届かない…ということは絶対になくなるはずです!

引っ張るコースに返せない場合

そして引っ張るコースにボレーを返せない方。

まずはできるだけ身体の近くで、そして横面でボレーすることを意識してください。

そうすれば自然と引っ張るコースにボレーは飛んでいくはずです。

しかし問題なのは「身体から遠いボールをどのようにして引っ張るか」ですよね?

実は身体から遠いバックボレーを引っ張るためには、少し特殊な身体の使い方をする必要があります。

それは「左肩」の使い方です。

左肩をどう使えば遠いボールを引っ張ることができるのかというと…

ボールが遠いと感じたときに「相手に背中を見せるように左肩をグッと後ろに引く」だけなんです。

実際にやってみるとわかると思いますが、この動作だけでラケットがグンと奥に伸びます。

完全に後ろを向くまで左肩を引くことで、30cm以上伸ばすことも可能です。

そして肝心な「ボールに届いた後どう引っ張るか」ですが…

実は左肩を引いてボレーすることで、自然と引っ張るコースにボールを飛ばすことができるんです。

なぜなら左肩を後ろに引くことで、ラケットは斜め前にグンと伸びていき、

その結果ラケット面は自然と引っ張るコースを向き、さらにコートの内側に向かってボールを擦るようなインパクトになるからです。

このように左肩を後ろに引くだけで、身体から遠いボールも簡単に引っ張ることができるんです。

ただしボールの軌道に対して「線」ではなく「点」で捉えることになるため、チップしないよう集中してインパクトする必要がありますよ!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ストレートのバックボレーは、正クロス展開からのストレートパッシングを止めるためにも必要不可欠な技術。

②ボールに届かない場合は、ネットを張るためのポールの真上でボレーするイメージで出る。

③引っ張るコースにボレーを返せない場合は、できるだけ身体の近くで、そして横面でボレーすることを意識する。

④身体から遠いバックボレーを引っ張るときは、相手に背中を見せるように左肩をグッと後ろに引く。

⑤左肩を後ろに引くだけで、身体から遠いボールも簡単に引っ張ることができる。

といった感じですね!

ストレートのバックボレーが取れないのは前衛にとって致命的な弱点です。

特に正クロス展開からのストレートパッシングが取れない前衛は、組んでいる後衛からするとかなりしんどいので、このコースのボレーは完璧に抑えられるようにしてくださいね!

フォアストレートボレーの引っ張り方についての記事はこちらからご覧ください。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)