ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ローボレーのミスをなくすには?安定させる3つのコツ

ローボレーのミスをなくすには?安定させる3つのコツ

ローボレーが苦手な前衛はとても多いですよね。

確かに難しい技術のひとつですが、ローボレーは前衛の実力を大きく左右するポイントになります。

ローボレーが安定しないと、サービスダッシュでネットにつくことすらできないからです。

そこで今回はローボレーでミスをしてしまう原因と、安定させる3つのコツを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ローボレーでミスをする原因

ローボレーが他のボレーと比べてミスしやすい原因、それは「目とボールの距離が遠い」からです。

正面ボレーやハイボレーは顔の近くでボールをインパクトすることができますよね。

しかしローボレーは膝より下でボレーすることが多く、目とボールの距離がどうしても遠くなってしまいます。

そのため少しの目線のブレがインパクトに大きな影響を与えてしまうんです。

ローボレーのミスをなくすためには?

つまりローボレーのミスをなくすためには「目線のブレを最小限に抑える」ことが重要になってきます。

目線のブレを抑えることで、ローボレーのインパクトを安定させることができるからです。

そのためには3つのポイントを意識しましょう!

⑴低い姿勢で構えておく

これは簡単で「ローボレーポジションに入った時点で低く構えておく」だけ。

ローボレーを打つときにはグッと低い体勢になります。

このとき最初から低い姿勢で構えておくことで、目線が上下に移動する距離を抑えることができるんです。

⑵サイドステップで移動する

次に「左右への移動は必ずサイドステップで行う」ということです。

足を交差させるクロスステップで左右に動くと、身体が上下するため目線が大きくブレてしまいます。

それに比べてサイドステップは身体の上下が少なく、目線を一定の高さに保つことができるんです。

⑶頭の位置を動かさない

最後に「頭の位置を動かさない」ということです。

目線がブレないように意識しろと言われても難しいですが、頭を動かすなと言われると意識しやすいですよね。

頭が動くと当然目線もブレてしまうため、頭を同じ高さで固定するイメージを持ってみてください。

どのプレーにも共通することですが、頭の位置がブレない選手はチップや空振りといったミスが少ないですよ!

まとめ

今回の内容をまとめると、

ローボレーでミスをする原因は「目とボールの距離が遠い」から。

ローボレーのミスをなくすためには「目線のブレを最小限に抑える」ことが重要。

【ローボレーのミスをなくす3つのコツ】
⑴低い姿勢で構えておく
⑵サイドステップで移動する
⑶頭の位置を動かさない

といった感じですね!

この記事を実践してローボレーが安定してきたら、次はラケットの使い方も意識してみてください。
これで攻めるローボレーをマスターすることができますよ!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)