ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛にとって1番の得点チャンスは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!

前衛は「得点を取ることが仕事」だということが頭では分かっていても、なかなか得点を取ることができない…。こういった悩みを持っている前衛の方は少なくないと思います。

そういった方はまず得点の取りやすい場面、得点チャンスを知ることが大切です。

そして身体で得点の取り方を覚え、それを他の場面でも活用していくことが、安定して得点を取れる前衛になるための近道なんですね。

そこで今回はタイトルの通り、前衛にとっての1番の得点チャンスとはいつなのかについて話していきます。

サービス、レシーブ、ボレー、スマッシュ、色々と思い浮かぶとは思いますが、結論から言いますと…

最大のチャンス、それは自分のセカンドレシーブなんです。
相手がよほどサーブの確立が良い選手ではない限り、少なくとも1試合に2.3本は打つ機会がありますよね?

ではなぜ数あるプレーの中でなぜセカンドレシーブが最大のチャンスなのか、今日はその理由から話していきます!

セカンドレシーブが最大のチャンスの理由とは?

セカンドレシーブはネットの近くでストロークを打てる分、ただでさえ1発で決めることが出来る可能性が高いショットです。

それに加えて前衛はレシーブの直後、一瞬で前につけるわけですから、これほど決めやすい場面はありませんよね?

いくつか例を挙げると、

・逆クロスに深く押し込み、上がってきたチャンスボールを叩く

・センターに打ち込み、次のボールに対してポーチボレーに出る

・前衛越しの中ロブを打ち、次のボールを狙いにいく

などなど、得点パターンは無数にあります!

今までセカンドレシーブはとりあえず後衛の前に返せばいいと考えていたあなた、苦手だなあと感じていたあなた、意識を変える必要があります。

セカンドレシーブから得点に繋がる確率は少なくとも70%を超える必要があるからです。

セカンドレシーブでそのくらい決められるようになると、サーブを打つ相手にかかるプレッシャーはかなり大きなものになります。

すると結果的に相手のサーブが入りづらくなるだけでなく、相手前衛のポジションも外に寄ったりと、有利なことがたくさん起きてくれるためです。

セカンドレシーブは前衛にとって最大のチャンスな分、確実に決めなければならない場面でもあります。

自分の得意なパターンをいくつか持っておき、それを試合で実践できるよう、日頃から練習しておくようにしましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方。SNSで拡散してもらえると励みになります!
ツバサでした!!

関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年4月5日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)