ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛にとって最大の得点チャンス「セカンドレシーブ」

前衛にとって最大の得点チャンス「セカンドレシーブ」

前衛は得点を取ることが仕事といっても過言ではありません。

しかし「なかなか得点を取ることができない…」と悩む前衛の方も少なくないですよね。

そういった方は、得点の取りやすい場面、つまり得点チャンスを知ることが大切です!

まずは前衛にとっての得点チャンスはいつなのかを知り、その場面で意識的に得点を取る努力をする。

このようにして意識的な得点を積み重ねることで、得点の取り方を身体で覚えることができるんです。

そこで今回は前衛にとって最大の得点チャンスとはいつなのか、またその理由についても紹介していきたいと思います!

前衛にとって最大の得点チャンスとは?

サービス、レシーブ、ボレー、スマッシュ、などなどチャンスは色々とありますが、結論から言いますと…

最大のチャンス、それは自分のセカンドレシーブです。

相手がよほどサーブの確率が良い選手ではない限り、少なくとも1試合に2,3本は打つ機会がありますよね?

そのためセカンドレシーブは毎試合ほぼ必ず訪れる絶好のチャンスなんです。

では数あるプレーの中でセカンドレシーブがなぜ最大のチャンスなのか、今回はその理由から説明していきます!

セカンドレシーブが最大のチャンスの理由とは?

セカンドレシーブはネットの近くでストロークを打てる分、ただでさえ1発で決めることができる可能性が高いショットです。

さらに前衛はレシーブした後、一瞬でネットにつけるため、これほど決めやすい場面はありませんよね?

いくつか例を挙げると、

・逆クロスに深く押し込み、上がってきたチャンスボールを叩く。

・センターに打ち込み、次のボールでポーチボレーに出る。

・前衛越しの中ロブを打ち、次のボールを狙いにいく。

などなど、得点パターンは無数にあります!

今までセカンドレシーブはとりあえず後衛の前に返せばいいと考えていた方、意識を変えていきましょう。

セカンドレシーブから得点に繋がる確率は、少なくとも70%を超える必要があるからです。

その結果、サーブを打つ相手にプレッシャーをかけることができるだけでなく、相手前衛のポジションも外に寄ったりと、有利なことがたくさん起きてくれるためです。

まとめ

今回の内容をまとめると、

①前衛にとって最大の得点チャンスはセカンドレシーブ。

②なぜなら1発で決めることができる可能性が高く、またレシーブした後、一瞬でネットにつけるから。

③セカンドレシーブから得点に繋がる確率は、少なくとも70%を超える必要がある。

④その結果、試合中に有利なことがたくさん起きてくれる。

といった感じですね!

何度も言いますが、セカンドレシーブは前衛にとって最大のチャンスです。

自分の得意なパターンをいくつか持っておき、それを試合で生かせるよう、日頃から練習しておくようにしましょう!

セカンドレシーブに関する記事はこちらからご覧下さい。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年10月21日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)