ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

格上の相手に勝つための戦術|強豪校の倒し方!

格上の相手に勝つための戦術|強豪校の倒し方!

皆さんは格上の相手と試合をするとき、どのように戦っていますか?

・いつも通りプレーする

・とにかくがむしゃらにプレーする

こんな方は今すぐ戦術を改める必要があります。

確かにジュニアからソフトテニスを始めた選手や強豪校の選手など、経験豊富な相手に勝つことは難しいです。

しかし格上の相手でも、戦術次第で勝てる可能性を少しでも高くすることはできるんです。

そこで今回は格上の相手に勝つための戦術を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

格上の相手に勝つための戦術とは?

まず格上の相手と試合するときに最も逆効果なのが、丁寧に長くラリーを続けようとすることです。

なぜならラリーが続けば続くほど、実力の差が出てしまうからです。

そのため相手がよほど緊張していない限り、ラリーにするのは避けるべき。

つまり「サーブレシーブ」で得点を決めてしまえばいいということですね!

しかし格上相手にサーブレシーブで得点するためには、当然リスクを負う必要があります。

格上の相手に勝つためのサーブ

ファーストサーブは基本的にエースを狙って打ちましょう。

さらに勝っているポイントでは、セカンドサーブもエース狙いで打ってしまって構いません。

セカンドサーブでエース狙いはハイリスクすぎじゃ…と思うかもしれませんが、そもそも格上相手にリスクを負わずに勝てるわけがありません。

むしろ相手が油断しているセカンドサーブこそ、格上相手から簡単に得点を取れるチャンスなんですね。

サーブでの先攻は格上と戦うときの基本です!

格上の相手に勝つためのレシーブ

相手のサーブのスピードや確率にもよりますが、レシーブゲームは格上相手から得点を取れる絶好のチャンスです。

特にセカンドレシーブは最も得点を取りやすい場面なので、徹底的に攻める必要があります。

基本的に打てる場面であれば、

・前衛アタック
・後衛にツイスト

このどちらかのレシーブで手っ取り早く決めにいきましょう。

後衛へのツイストが取られた後も、もちろんアタックをぶつけにいきます。

そのためレシーブゲームでは、常にお互いフォロー態勢でいるようにしてください。

途中で相手にもバレてくると思いますが、微妙にコースをずらしながら、ひたすら続けてしまって構いません。

それが強豪校の選手にとって、最も厄介な戦い方だからです!

ラリーになってしまった場合

サーブレシーブで決めようとしても、どうしてもラリーになってしまう場面は必ずあります。

そんなときはまず相手コートのセンターにボールを集めるようにしましょう。

センターは相手にとって最も攻めづらいコースだからです。
そのため後衛はセンターにボールを集めてチャンスを待ち、相手のボールが短くなったところでアタックを打ちます。

ベースラインの後ろからアタックを打つのはさすがに無謀なのでやめましょう。

前衛はそれまで全てのボールに絡むつもりで積極的に動きまくります。

とにかくポーチボレーに出て、相手後衛の打点を落とすことが目的です。

後衛はセンターにボールを集め、前衛はポーチボレーに出る。

これを続けることで相手は攻めづらく、また打ち損じたボールが短くなる確率が上がります。

あとは思い切りカットをかけて返してみたり、とんでもなく高いロブをあげてみたりと、イレギュラーなボールを打ってみるのも格上相手には有効ですよ!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①格上の相手と試合するときに最も逆効果なのが、丁寧に長くラリーを続けようとすること。

②そのためラリーになる前、つまりサーブレシーブで得点を決めてしまうべき。

③ファーストサーブは基本的にエース狙いで、状況次第ではセカンドサーブもエース狙いで打つ。

④レシーブは基本的に「前衛アタック」か「後衛にツイスト」のどちらかで手っ取り早く決めにいく。

⑤ラリーになってしまった場合「後衛はセンターにボールを集め、前衛はポーチボレーに出る」ことで、攻めつつチャンスボールを待つ。

といった感じですね!

今回紹介したのは「一か八かで攻めるギャンブルのようなテニス」です。

しかし実力で勝てない相手には、連続してハイリスクなプレーを成功させるしかありません。

格上の相手と戦うときに備えて、このような戦い方も身に付けておきましょう!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。いつも拝見させてもらっています。
    今回もとても参考になる記事をありがとうございます。
    中学校からソフトテニスを始めた僕ですが、
    中学校ではあまり良い成績が残せず、
    その為3年生の後半までは、大抵格上の選手と
    試合していました。
    なので、そのような人達に対抗するために、
    ペアと話し合い、同じ様なことをしていました。
    そして、今年高校生になり、
    同じ道のりになると覚悟していたので、
    格上に対してリスクを負う戦い方をしていたのですが
    今日の大会で負けた際に、先生から
    全く真逆のことをしろと言われました。
    今とても悩んでいます。
    監督の言うことを聞けばいいのでしょうか?
    それとも、無視してこのスタイルを貫くのが良いのでしょうか?

    • 返信が遅れてしまい申し訳ありません…!

      監督の言うことを無視するのはあまり良くないので、自分の考えやこの記事の内容を伝えてきちんと話し合うべきです。

      それでも理不尽で納得のいく答えが返ってこなかった場合は、試合で自分たちが少しでも勝てる可能性のある戦い方を選択すれば良いと思います。

  2. 相手がカットサーブの場合はレシーブはどうすればいいのでしょうか?

    • カットサービスの場合は大抵ダブル前衛になってくることが多いので、相手の足元に返すか、高いロブを打って下がるかしかないですね。

      あまり切れていないカットサービスの場合は、この記事に書いてあるように前衛アタックを打っても良いと思いますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)