ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛の待球姿勢の2つのポイント

前衛の待球姿勢の2つのポイント

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は前衛のネットでの待球姿勢についてお話しします。

ソフトテニスの本や雑誌などに色々書いてあると思いますが、私は正直「適当」でいいと、むしろ適当である必要があると考えています。

どういうことか、今から説明していきますね。

待球姿勢のポイントとは?

待球姿勢とは字の通り「球を待つ」姿勢です。ではその球を待っている間、大切なことは何なのか?

まず1つは動きやすい姿勢で待つこと。動きやすいとは、つまり1歩目が出やすいということですね。

そして2つ目のポイントは「見る」ということです。
これは軽視されがちですが、前衛の1番の仕事はまず「見ること」なので、私はこちらに重きを置いています。

この2つを押さえた上での理想の待球姿勢は「とにかく自然体」これに尽きます。

1歩目を出す方向が決まった方向だったとしたなら、陸上の短距離のスタートのような姿勢が1番なのでしょうが、テニスは360度どこに1歩目を動かすかわかりません。

その中でより1歩目をスムーズに出せるのは、最もニュートラルな自然体なのです。

しかし自然体というものはひとりひとり違い、さらに作ろうと思って作れるものではなく、日常の中で出るものです。

例えば私でしたらイスから立ち上がった瞬間や、電車で吊革につかまって立っているときの姿勢が、私の待球姿勢とよく似ています。

皆さんも日常の中で、何も考えずに立っているその姿勢が、あなたにとってベストな待球姿勢になります。

ではラケットを持っている手はどうするのかというと、これは考え方が分かれます。

しっかりお腹の前で左手を添えて持った方がいいと言う方が多いです。が、私はそれよりも「動きやすさ」「見やすさ」、そして何より「自然体」を重視しているので、そういった構えるということはしません。

ブラブラと体の横で右手のみでぶら下げるように持っています。
もちろん相手が止まって打つ瞬間には構えるようにしますよ?笑

常にラケットを前で構えて動いてもいいとは思いますが、それだとやはり硬いというか柔軟性がないというか…ポジションどりもスムーズにいかないんですよね。これは完全に私の個人的な見解ですが。笑

つまるところベストな待球姿勢というものはひとりひとり違ってくるのです。しかし自然体が一番ということは誰しもが変わりません。

参考までに私のオススメの待球姿勢は「イスから立ち上がって歩く直前の少し前傾した姿勢。そしてラケットは身体の横で右手のみでぶら下げ、手首はコックしラケットヘッドのみ立たせた状態」これですね。

自分の自然体が分からない方は1度試してみても良いかもです。全ての動作につながる待球姿勢、軽視せずに自分に合った待球姿勢を見つけましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)