ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

センターを有効に使う攻め方

センターを有効に使う攻め方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、センターを有効に使った攻め方を紹介します!

センターにボールを打つメリットとは?

⑴角度のついたボールが打たれない

自分でセンターから打とうとしてみるとわかると思いますが、センターからだと角度のついたボールを打ちたくても、距離が短いため難しいです。

またクロスから角度のついたボールを打ったときと違い、思ったより外に逃げていきません。

そのためセンターから角度のついたボールを打つのはハイリスクローリターンであるため、打たれることが少ないんです。

⑵相手の陣形を崩すことができる

例えば相手前衛のレシーブ時、逆クロスに返ってきたレシーブを、前衛にさわられないようセンターへ打ち返します。

すると相手後衛と相手前衛が一瞬センター付近で縦に重なり、どっちがどっちへいけばいいか分からない状態が作り出せるんです。

相手の陣形は崩れたも同然ですよね?

この2つがセンターにボールを打つことで得られる大きなメリットです。

では次にこのメリットを生かした攻め方をご紹介します!

センターを有効に使ってポイントを決める方法

相手がセンターから打つときの前衛のポジションがどこかはわかりますよね?

まず前衛の基本のポジションは、相手の打点とセンターマークを結んだ線上です。

そのため相手がセンターから打つときは、もちろん前衛もセンターに立つことになります。

そして先ほど話した通り、センターから打つときは角度のついたボールを打つことが難しい。
そのため前衛はポーチボレーに走らずとも、相手のシュートボールを「一歩でボレーすることが可能」なんです。

つまり相手が打つギリギリまでセンターから動かず、打つ直前にどちらかへ一歩動けばそれだけで簡単にボレーすることが出来るんですね。

高いレベルになると後衛もそのことを分かっているため、基本ロブで1本もたれますが、ガンガン打ってくる後衛相手だと面白いほど決まります。

もっとレベルが上がってくると、あえてセンターからセンターへ打ち返してくる後衛もいますが、ごく僅かなのでそれは気にしないでも大丈夫です。

センターへ打つのは多少リスクが伴いますが、後衛がセンターへ打つことができれば前衛は楽に1本ボレーすることが出来るんです。

そのため相手の前衛が守りに入っているときやストレート展開時など、チャンスがあればどんどんセンターを狙っていきましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年8月19日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも楽しみに拝見させてもらっています。
    都内高校でソフトテニス部の部長をしている者です。もし知っていれば、1/72理論についての記事を載せていただけませんか?
    ネットで調べてもあまりしっくりこないので…
    よろしければお願いします。
    また、なにか戦術、セオリーなど知っておられましたら教えていただけると幸いです。

    • 返信がだいぶ遅れてしまい申し訳ありません。
      72分の1理論、昔ソフトテニスマガジンに掲載されていましたね。

      しかし私自身、説明できるほど詳しくないため記事にするのは難しいです…
      お役に立てずすいません。。。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)