ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ストレートボレーが届かない原因と解決策

前衛の方なら必ず1度はぶつかる壁、それがストレートボレーですよね?

そこに来るとわかっていても届かない…、または届いたとしても外に弾いてしまう…

こんな前衛の方も多いのではないでしょうか?

しかしストレートボレーはたったひとつのポイントを意識するだけで、驚くほど簡単にボレーすることができるんです!

そこで今回はストレートボレーが届かない原因とその解決策を紹介します!



ストレートボレーが届かない原因と解決策

まずストレートボレーが届かない最大の原因は「どのポイントでボレーをインパクトするか全くイメージがない」ということなんです。

もちろんスタートポジションやポーチに出るタイミングは重要です。

しかしそれよりも大切なのが「どこでボレーをインパクトするか」なんです。

つまりストレートボレーが届かない場合はまず「どのポイントに向かって走るか」これを明確に決める必要があります。

では具体的にどこに向かって走れば良いのか?
これはもちろん相手後衛の位置にもよるのですが、ある程度の目安は決まっています。

その目安とは「ネットを張るためのポール」なんです。

つまりネットを張るためのポールの真上でボレーをインパクトするつもりでストレートボレーに出るということです。

それは大げさすぎでしょ!と感じる方もいると思いますが、全くもってそんなことはありません。

なぜかというと、基本的にストレートボレーは相手後衛のいないクロス側へ引っ張らなければいけませんね?

そしてボレーを引っ張る際は身体の近くでインパクトするのが基本です。

そのためボールを追い越すくらいの勢いで走った方が、確実かつ容易に引っ張りの方向へボレーすることができるんですね。

さらに自分の後衛がクロスに絞ったボールを、相手が外側から巻くようにしてストレートにパッシングを打ってきた場合も、ポールを目指して走ることで先を通されることはなくなります。

逆クロス展開では少ないですが、正クロス展開では頻繁に打たれるショットなので、ストレートのバックボレーでは特にしっかりとポールまで走る必要があります!

滅多にないとは思いますが、相手後衛のボールを追い越してしまった場合も、ポールに向かってしっかりと走っていれば逆取りで対応できるはずです。

「ネットを張るポールの上でボレーのインパクトをするつもりで走る」

本当にこれだけでストレートボレーに対する苦手意識がなくなる前衛の方も多いので、是非試してみて下さいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年6月25日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)