ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

自分の後衛を隠す「影モーション」の方法と使い方

自分の後衛を隠す「影モーション」の方法と使い方

皆さんは「影モーション」をご存知ですか?

使い方が難しい上級者向けの動きですが、使いこなすことができれば後衛を助けることができるモーションです。

そこで今回は自分の後衛を隠す「影モーション」の方法と使い方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

影モーションとは?

影モーションとは「自分の後衛を相手前衛の視界から隠すモーション」のことです。
影モーションのポジション
このように自分の後衛と相手前衛を結んだ直線上にポジションを取り、相手前衛の視界から自分の後衛を隠すということです。

相手前衛の姿が邪魔で相手後衛の姿が見えなくなった経験、前衛の方なら一度はありますよね?

あの現象をポジショニングで意図的に起こすんです。

相手前衛からすると、かなり厄介なポジショニングですよね。

影モーションを使える場面

影モーションはとてもリスクの高いポジショニングです。

なぜなら自分の後衛と相手前衛を結んだ直線上にポジションを取ると、コートの半分がガラ空きになってしまうからです。

そのため使える場面は基本的にストレート展開のみです。

ハイリスクなクロス展開では行わないようにしましょう。

影モーションの使い方

相手後衛がボールを打ってから、自分の後衛がボールを打つまでの間に、素早く正確なポジションを取らなければ、影モーションは成立しません。

そのためには、

・自分の後衛の位置
・相手後衛の打ったボールの位置

これらを正確に判断し、一瞬でその間に入る必要があります。

後ろを向いて位置を確認する余裕はありませんからね。

そして最も使いやすい場面は「ストレート展開で自分の後衛がトップ打ちをするとき」です。

ポジションを取る時間がたっぷりあるのに加えて、相手前衛はただでさえ怖いトップ打ちの打点が見えなくなるんです。

自分の後衛は安心して相手前衛サイドにトップ打ちを打ち込むことができますよね!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①影モーションとは「自分の後衛を相手前衛の視界から隠すモーション」のこと。

②自分の後衛と相手前衛を結んだ直線上にポジションを取り、相手前衛の視界から自分の後衛を隠すポジショニング。

③影モーションを使える場面は基本的にストレート展開のみ、ハイリスクなクロス展開では行わないようにする。

④影モーションを成立させるためには、自分の後衛の位置、相手後衛の打ったボールの位置を正確に判断し、一瞬でその間に入る必要がある。

⑤最も使いやすい場面は、ストレート展開で自分の後衛がトップ打ちをするとき。

といった感じですね!

影モーションを成功させるためには、ペアの信頼関係も非常に重要となってきます。

練習試合の中で試しながら、2人で完成させてみてくださいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)