ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛サーブで意識するべき2つのこと

前衛サーブで意識するべき2つのこと

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、前衛のサーブで意識するべきことについてお話しします。

サービスダッシュをする前衛の方は特に読むべきです!

前衛最短育成理論のバナー

前衛のサーブで意識するべき2つのこと

まず1つ目は「どれだけ前へ進みたいかでサーブのスピードをコントロールする」ということです。

もちろん速いサーブは相手にとって脅威であるということは間違いありません。
しかしサーブが速いことで生まれるデメリットもあります。

それはボールの滞空時間が短いため「サービスダッシュであまり前へ進むことが出来ない」ということです。
もちろんサーブで攻め、返ってきたあまいボールを叩くのがサービスダッシュのベストな形です。

しかし試合の状況や、相手のレシーブのスキルによっては、とにかく1歩でも前へ出たい!という場面も必ず出てくると思います。

例えばレシーブで、サービスダッシュしてきた前衛の足元を狙うのが非常に上手い後衛なんてよくいますよね?
そういった相手にいくら速いサーブを打っても、上手いこと足元に返されて逆に攻められてしまいます。

そういうときは逆に遅くて低めのサーブを打ち、足元に打てないようなポジションまで前へ進んでしまえばいいのです。
運良く意表をつければそこから駆け引きして点に繋げられる可能性も大いにありますからね。

私の知り合いに、ゆっくりとしたショルダーカットサーブを打ってサービスダッシュをする前衛がいたのですが、彼は異様に足が速いのもあってか、そのまま一気にネットまでつき、クロスのアタック止めをしていました(笑) 怪物でしたね(笑)

ここまでなれとは言いませんが、ポテンシャルの高い選手であれば、サーブのスピードをコントロールすることで、これに近いプレーをすることが出来ると思いますよ!

試合の状況や相手のレシーブスキルによって、サーブのスピードをコントロールすると有効なことを覚えておきましょう。

2つ目はサーブの打ち終わりの「着地足」です。これが最も重要かもしれません。

サーブを打った後、右足が前に出る人と左足が前に出る人がいますよね?
(右利きの選手を前提にお話しするので左利きの方は反対にして読んで下さい)

ではサービスダッシュ時の着地足はどちらがいいのか?
結論から言うと前衛のサーブは「左足着地」がベターです。

実際に打ってみるとわかりますが、右足着地は身体を180度ひねって打つことになるので、その後走る動作に入るまでに1ステップ動作が増えてしまいます。さらに身体を大きくひねるということは、安定感も損なうために確率が低くなってしまいます。

逆に左足着地のサーブは身体をひねる動作が小さく、着地時に既に前を向いているためスムーズに前へ進むことができる上、サーブの安定感も向上します。

右足着地のサーブは身体を大きくひねることから、速いサーブを打ちやすいため、エース狙いのときなどにはおすすめの打ち方です。

しかしネットプレーが本業の前衛は、確率とサービスダッシュのしやすさから、やはり左足着地のサーブを私はおすすめします。

かの有名な高川選手は、普段は左足着地、エース狙いの際は右足着地と使い分けていましたよ!
(高川選手は実際には左利きのため逆ですが、ここではわかりやすくするため逆に表記しました)

今日の内容をまとめると、前衛のサーブで意識するべきことは

1.どれだけ前へ進みたいかで「サーブのスピードをコントロール」する。
2.前へ出やすい「左足着地」でのサーブを心掛ける。

この2つということですね!
今まであまり何も考えずにサーブを打っていた前衛の方、この2つのポイントを考えてサーブを打つことで、確実にその後の展開がやりやすくなりますよ。

そして相手との駆け引きのしやすさにも繋がってくるので、ぜひ意識してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月10日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)