ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

サービスダッシュのサーブで意識するべき2つのポイント

サービスダッシュのサーブで意識するべき2つのポイント

サーブを打ってそのまま前へ走る、攻撃的な「サービスダッシュ」。

すぐネットにつくことができる有効な戦術ですが、その分リスクも高いプレーです。

そこで今回はサービスダッシュのサーブで意識するべき2つのポイントを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

サービスダッシュで意識するべきポイント

⑴サーブのスピード

まずはサーブのスピードを意識的にコントロールしましょう。

もちろん速いサーブは相手にとって脅威ですが、サーブが速いことで生まれるデメリットもあります。

ボールの滞空時間が短いため、あまり前へ進むことができないということです。

相手によっては速いサーブで攻めるよりも、ネットに近づいた方が有効な場合もあります。

そういうときは低めでゆっくりとしたサーブを打ち、相手が足元に打てないポジションまで進んでしまいましょう。

サーブで攻めて浮いたレシーブをボレーするのがサービスダッシュのベストな形ですが、サーブのスピードをコントロールするべき場面もあると覚えておきましょう!

⑵着地足

もうひとつはサーブの打ち終わりの「着地足」です。

サーブを打った後、右足が前に出る人と左足が前に出る人がいますよね?

※右利きの選手を想定して書くので、左利きの方は反対にして読んでください。

それではサービスダッシュ時の着地足はどちらがいいのか?

結論から言うと前衛のサーブは「左足着地」がベターです。

実際に打ってみるとわかると思いますが、右足着地は身体を180度ひねって打つことになります。

すると走る動作に入るまでに、ひねり戻しの動作がひとつ増えてしまいますよね。

逆に左足着地のサーブは身体をひねる動作が小さく、着地時に前を向いているためスムーズに前へ進むことができるんです。

左足着地の方がサーブの安定感も向上します!

まとめ

今回の内容をまとめると、

【サービスダッシュで意識するべきポイント】
⑴サーブのスピードを意識的にコントロールする
⑵サーブの打ち終わりを左足着地にする

といった感じですね!

サービスダッシュはハイリスクハイリターンなプレーです。

そのリスクを極限まで減らすためにも、今回紹介したポイントを意識してみてくださいね!

サービスダッシュに関する記事はこちらからご覧ください。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)