ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

速いサーブの打ち方|速度を上げる2つのポイントとは?

速いサーブの打ち方|速度を上げる2つのポイントとは?

・身長が小さい…
・筋力が弱い…

ファーストサーブのスピードが遅い原因を、このように決めつけて諦めている方が多いです。

確かに体格や筋力の差は影響しますが、サーブの速度を上げる方法は他にあります。

そこで今回はサーブの速度を上げる2つのポイントを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

速いサーブを打つためのポイント

それはサーブを打つ直前の「タメ」の姿勢です。

サーブの速度を左右する大切な姿勢なのですが、多くの選手はスイングやインパクトに気を取られて軽視しがちです。

タメの姿勢において大切なポイントは2つあります。

ひざの屈曲と体幹の捻り

ひざの屈曲と体幹の捻り
ひとつは「ひざの屈曲」
つまり、ひざを曲げる動作のこと。

もうひとつは「体幹の捻り」
つまり、上半身と下半身を捻る動作のこと。

この2つが速いサーブを打つためのポイントになります。

ひざを曲げて身体を捻ることで強いタメが生まれ、サーブの速度を劇的に上げることができるんです。

画像の矢印が表すように、縦方向へのタメと横方向へのタメが同時に生まれるからです。

そして正しいタメの姿勢から身体全体でサーブが打てるようになると、スイング時に腕の力をあまり必要としなくなります。

その結果、サーブの速さだけでなく安定感も大きく増すんです!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①速いサーブを打つためのポイントは、サーブを打つ直前の「タメ」の姿勢。

②タメの姿勢において大切なポイントは、ひざの屈曲と体幹の捻り。

③ひざを曲げて身体を捻ることで強いタメが生まれ、サーブの速度を劇的に上げることができる。

④正しいタメの姿勢から身体全体でサーブが打てるようになると、スイング時に腕の力をあまり必要としなくなり、その結果サーブの安定感も大きく増す。

といった感じですね!

体格や筋力に恵まれなくても、速いサーブを打つことはできます。

タメの姿勢をマスターして、ファーストサーブを武器にしましょう!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)