ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

速いサーブを打つために最も重要なこと

速いサーブを打つために最も重要なこと

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、速いサーブを打つために重要な2つのポイントを紹介します。

筋力に頼らなくても速いサーブを打てるポイントを紹介するので、女子の選手も必見ですよ!

前衛最短育成理論のバナー

速いサーブを打つためのポイント

それはなんといっても「タメ」です。
そんなことわかってる!と言いたいところかもしれませんが、サーブ時に本当の「タメ」を作れている選手はごくわずかなんです。

硬式テニスの選手はほとんどの方が出来ていますが、なぜかソフトテニスの選手はほとんどタメを作ることが出来ていません。

そもそもサーブの「タメ」とはなんなのか?
それは「ひざの屈曲」「体幹の捻り」です。

簡単に言い換えると「ひざを曲げる動作」「下半身と上半身をひねることで生まれる反動」です。

どちらか1つではだめなんです。ひざを曲げ、体をねじる。
この2つの動作を同時に行うことで、より強い反発力が生まれ、あまり筋力がなくとも速いサーブへと繋がるんです。

ほとんどの方はひざを曲げて終わりになってしまっています。
この画像を見て下さい。
image硬式テニスの選手の画像ですが、十分に曲げられたひざと、しっかり捻られた体幹。
矢印のように縦方向へのタメと横方向へのタメが同時に生まれていますよね?

もはやこの構えだけ見ても、この後速いサーブが打たれることは想像できるはずです(笑)

そしてタメをしっかり作れるようになると、サーブの速さが増すだけでなく、なんと安定感も向上します。

身体全体で打てるようになることで、腕の力をあまり必要としなくなってくる分、微妙な調節をする必要がなくなり、その結果安定に繋がるのです。

サーブは速くなるわ、確立も良くなるわ、良いことづくめですよね!

今まで自分は非力だから…と速いサーブを打つのを諦めていた方、速さが全てではありませんが、速さが武器になることは間違いありません。

だれにでも出来る「タメ」を生かし、今より少しでも速いサーブを打てるように頑張ってみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
動体視力の最も簡単な鍛え方はこちらから。

ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月10日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)