ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

無意識のうちにサーブのスピードを落としている原因とは?

無意識のうちにサーブのスピードを落としている原因とは?

ソフトテニスにおいて全ての始まりであるサーブ。

確率が重要とはいえ、できることなら速くて威力のあるサーブを打てた方がいいに決まっています。

しかし実は多くの選手が、無意識のうちにサーブのスピードを落としてしまっているんです。

本来もっと速いサーブを打てるポテンシャルがあるのに、それを発揮できないなんてもったいないですよね。

そこで今回は無意識のうちにサーブのスピードを落としている原因と、その解決策を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

無意識のうちにサーブのスピードを落としている原因

多くの選手が無意識のうちにサーブのスピードを落としてしまっている原因…

それは「インパクトの瞬間、スイングを止めてしまっている」ということです。

つまりガットとボールが接触するインパクトの瞬間、ボールをスイートスポットで捉えようと、一時的にスイングスピードを遅くしてしまっているんですね。

確かにサーブのインパクトは重要です。
こちらの記事にも書きましたが、サーブのインパクトでは、

・腕とラケットが「く」の字型になるようにインパクトする。

・身体が上に伸びきる直前に、ラケットを上に放り投げるイメージでインパクトする。

などなど、意識する点はいくつもあります。

そのためインパクトが慎重になり、その結果サーブのスピードが遅くなってしまうというわけです。

ボールを打つ瞬間にスイングスピードを抑えてしまったら、速いサーブなんて打てるわけがありません。

では無意識のうちにスイングを止めてしまう選手はどうすれば良いのか?

サーブのスピードを落とさないためには

これは簡単なイメージを持つだけですぐに解決することができます。

まずは自分自身のサーブのフォームで何回か素振りをします。軽く流さずに、全力で素振りをしてください。

その後、実際にサーブを打ちます。

そのときに「素振りのスイングの途中にボールが突然入ってくるイメージ」でサーブを打ってみてください。

素振りのときはインパクトの瞬間にスイングを止めたりしませんよね?

その素振りのスイングを保ったまま「スイングの軌道上にボールがあるイメージ」でスイングをするんです。

ボールに合わせてスイングするのではなく、スイングにボールを合わせるということですね。

そうすることでインパクトの瞬間、無意識的にスイングを止めることなく、速いスピードのままスイングを完了させることができます。

そのためには毎回同じポイントに正確なトスを上げる必要があるので、トスの練習もお忘れなく!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①無意識のうちにサーブのスピードを落としてしまっている原因は「インパクトの瞬間、スイングを止めてしまっている」こと。

②ボールに合わせてスイングするのではなく、スイングにボールを合わせる(スイングの軌道上にボールがあるイメージ)ことで簡単に解決できる。

③速いスイングのままインパクトするためには、毎回同じポイントに正確なトスを上げる必要がある。

といった感じですね!

サーブを良くしようと意識するあまり、逆にサーブの威力を落としてしまうなんて本末転倒です。

イメージを変えるだけで簡単に解決できるので、無意識のうちにサーブのスピードを落としているかも…という方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)