ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

試合になると打てなくなる原因と解決法

試合になると打てなくなる原因と解決法

・練習だともっと打てるのに…
・試合になると全然打てない…

ソフトテニスは精神状態がプレーに表れやすい競技なので、このような選手はかなり多いと思います。

しかしせっかくの練習の成果を試合で出すことができないのは非常にもったいないですよね。

そこで今回は試合になると打てなくなる原因と、その解決法を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

試合になると打てなくなる原因とは?

試合になると打てなくなる原因は、実は練習の中にあります。

硬式テニスとは違い、わりと思い切り打たなければボールが飛ばないソフトテニスは、全力でスイングをすることが多いんです。

つまり練習のとき多くの人は100%の力で打っているんですね。

そして人間の身体は力を加減して行う動作よりも、100%の力で行う動作の方が安定します。

ソフトテニスに関しては、思い切りスイングした方がしっかりとドライブ回転もかかりますしね。

つまり全力でスイングをしている練習時は、自然と力強く安定したストロークが打てている状態になるんです。

しかし問題なのが試合本番です。

練習では思い切りスイングをしていても、試合になると加減をして打つ選手は本当にたくさんいます。

特に中高生なんかはほとんどの選手がそうなのではないでしょうか。

よく考えてみて下さい。練習では打たない、しかもただでさえ安定しずらい加減したストロークを、いきなり試合本番で打とうとして入るわけがないですよね。これが試合になると打てなくなる原因の正体なんです。

この解決法ですが2つあります。
ここまで話したらもうわかる方もいるかと思いますが一応説明しますね。

1つは試合でも思い切りスイングするメンタルを身に付けること。

これが出来ればベストです。
全国で活躍しているような選手達は皆こちらですね。しかしこれは生まれ持ってのメンタルや、数多くの経験が必要なので時間がかかると思います。

そしてもう1つ、こちらは明日からでも実践できる解決法です。

それは日常の練習から加減したストロークを打ち自分のものにすることです。

これを身に付けると、試合でも安定したストロークを打ち続けられるのに加えて、技術的にもプレーの幅が広がります。緩急をつけて試合を展開する能力が身に付きますからね。

今日の内容をまとめると、試合で緊張する原因は、練習では思い切りスイングをしているのに、試合になると慣れていない力加減をしたストロークを打とうとすること。

その解決法は、1つは試合でも思い切りスイングできるメンタルを身に付けること、もう1つは練習時から力加減したストロークを練習すること、この2つ。ということですね!

今まで試合になると全然打てなくなってしまっていた方、今日の解決法を参考に練習でも試合でも変わらず打てる選手を目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中学2年女子前衛です!

    私は、練習では前衛の中で1番ポーチボレーのスピードがあると言われたんですけど、試合になると最後まで走り抜けることが出来なくなります。どうしたらいいですか?

    あと、ポーチボレー練習の球が男の人の球で速いので私のタイミングと丁度いいけど、実際試合でポーチに出るとタイミングがずれてしまいます。ボレーの2歩目でためられてないのでしょうか?良いため足の方法&イメージを教えてください!

    • 過去の記事「ポーチボレーは足で弾く?」に足のタメについて書いてあるので、そちらを参考にしてみて下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)