ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

教室でも出来る「目」のトレーニング

教室でも出来る「目」のトレーニング

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はトレーニングの記事ですが、その中でも前衛の力を大きく左右する、「目」のトレーニングについてお話しします。

人やボールが早いスピードで行き交うテニスをするにあたって、視力は本当に大事ですからね。

まず前衛をやるにあたって必要な視力は、
1.単なる視力。
2.動体視力。
3.2つのものを同時に見る視力。
この3つです。

まず、単なる視力はトレーニングであまりどうこう出来るものではありませんが、動体視力 と 2つのものを同時に見る視力、この2つはトレーニング次第で伸ばすことができます。

今日はその2つを伸ばすための、簡単・いつでも・どこでも出来るトレーニング方法を紹介します。

前衛最短育成理論のバナー

前衛に必要な「目」のトレーニング

やり方はとても簡単です。
あなたの視界の左端と右端にあるものを覚えます。

そしてその2つを交互に、素早く、そしてしっかりと目の動きだけで見る動作を何往復も繰り返すんです。

例を挙げると、例えば学校の全校集会。あなたの左前方にいるA君と、あなたの右前方にいるB君の頭を目だけで交互に素早く往復させてしっかりと見るんです(笑)

このトレーニングが何に効くかというと、2つもの、つまりソフトテニスでいう「ボール」「相手」を同時に見る能力が向上するんです。

これは前衛だけでなく、後衛でも役に立ちますよね?ボールを見ながら相手前衛も見ることが出来るんですから。

これは続けることで本当に効果が出るのでおすすめです。私も学生時代、集会中はずーっとやっていました(笑)
教室では先生に怒られたこともありましたが(笑)

その結果、相手の後衛と前衛の位置を瞬時に把握できたり、後ろのストロークでもしっかりと前衛を見て攻めることが出来るようになりましたね!

皆さんも周りに変な目で見られない程度に、試してみて下さいね!笑

私の教えている高校では、これとは別に動体視力を劇的に良くするトレーニングを行っています!
詳しくは動体視力の最も簡単な鍛え方をご覧ください。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)