ソフトテニス【前衛ドットコム】

ハイレベルな練習法「8の字乱打」とは?

ハイレベルな練習法「8の字乱打」とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
乱打は練習の中で毎日行う、ソフトテニスでは基本の練習法である反面、毎日アップがてら行う学校も多く、おろそかになりがちなのも事実です。

しかし乱打は毎日行う分、周りと差がつきやすいため、最も重要な練習と言っても過言ではありません!

そこで今回はタイトルの通り、普段よりハイレベルな「8の字乱打」という練習法をご紹介します!

8の字乱打の方法

8の字乱打は2人ではなく4人で行います。
ダブル後衛 対 ダブル後衛のような形になり、1つのボールを使い4人でラリーするんです。

そして肝心の打つ順番ですが、8の字乱打という練習名の通り、ストレート→クロス→ストレート→クロスと8の字を描くような順にラリーを続けます。

何球かごとにそれぞれ位置を交代しながら、逆回りの8の字でも必ず練習しましょう!

ここまでだとよくある練習ですし、そこまでハイレベルではありませんね?

この練習の難しいところはここからです。
ツバサ流の8の字乱打では、打ってもいい範囲をかなり絞るんです。

その範囲とは「サイドラインとサービスサイドラインの間の範囲」です。

つまり普通のダブルスの際に使うサイドラインと、シングルスの際に使うサイドラインの間にしかボールを打ってはいけないということです。

およそラケット2本分のこの範囲で乱打をすることはかなり難しいです。
さらに8の字乱打では、ボールが飛んできた方向と違う方向に打ち返す必要があるため、これを続けるのはかなり至難の技ですよね?

注意すべき点としては、まずボールを置きにいかずにしっかりと攻めること。

そしてボールが飛んでくる場所で待つのではなく、打ったら必ず定位置に戻ること。

この2つを守らなければ練習の意味がなくなってしまいます。
最初は難しいと思いますが、8の字乱打で身につく技術は試合で必ず役に立ちます!

ストレート展開時やストレートパッシングを打つ際、正確にコースを狙えるようになりますし、クロスに角度のついたボールも自然と打てるようになります。

さらにボールが飛んでくる方向と違う方向に打つため、打点やふところがかなり広くなるんです。

8の字乱打でストロークに関する技術はほぼ網羅できるといっても過言ではありません。

さらに4人で行うことによって、普段の乱打より自然と緊張感をもった状態で行えるため、メンタル強化にもなりますよ!

今回紹介した8の字乱打は今まで紹介してきた練習の中でもかなり難しく、全国レベルの選手4人でもなかなか続かないことも多いです。

しかしその分得られるものは大きいので、毎日少しずつでも練習の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top