ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

イースタングリップで打つための身体の使い方

イースタングリップで打つための身体の使い方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!

今回は前回の記事「サーブ&スマッシュのグリップの正解は?」の続きになりますね!
読んでない方はぜひ先に読んでおいて下さい。
では早速ですが説明していきます。

イースタングリップで打つための身体の使い方

イースタングリップでサーブやスマッシュを打つときに意識するべきポイントは、たったの2つです。

1つは「体の向き」、もう1つは腕、特に「手首の使い方」です。

まずみなさん身体の前でイースタングリップでラケットを握り、そのまま真っ直ぐ真上に上げてみて下さい。そのときラケットの面はどちらに向いていますか?

皆さんの「左」を向いていますね?ということは、もちろん実際に打つとき(正確には打つ直前)には、あなたは相手に左肩を向ける必要があります。

これが1つ目のポイント、「体の向き」です。
これは基本ですね。

次に手首の使い方、これが大事なのですが、説明が非常に難しい。笑

まずイースタングリップでラケットを持ち、体の前でまっすぐ上に立てて持って下さい。その状態から手首を反時計回りにねじるように動かして下さい。

わかりにくい方は、体の前で正面に向かって親指を立て、グーの状態から、ブーイングをするときのブーの状態にくるっと回して下さい。するとラケットは手首の回転だけでほぼ180度回転しますよね?

これがイースタングリップでの手首の使い方なんです。

腕を体の内側にねじる動作、この「内旋」という動作でボールを打つのです。

ウエスタングリップよりイースタングリップの方が優れているのはこれが理由です。試しにウエスタングリップでラケットを握り、手首だけでラケットを振ろうとしてみて下さい。無理ですよね、人間の体の構造的に無理なのです。

腕の力のみで打つ必要があるウエスタングリップ。腕と手首の力を合わせて打つことができるイースタングリップ。これだけでどちらがいいかは歴然ですよね?

それに加えてイースタングリップは手首の力のみでも速いボールが打てるため、深いスマッシュや、打点のずれてしまったスマッシュ、サーブでも微調整して打つことが出来るんです。

では肝心な手首の使い方ですが、説明していくので一緒にやってみて下さいね。

まず打ちたい方向へ左肩を向け、イースタングリップでラケットを握り、グリップを右耳の横に持ってきて下さい。

そのとき右ひじは高く上げ限界まで胸を張るように後ろに引いて下さい。

そして体を開くと同時にひじをさらに高く上げ、ラケットヘッドは腰につくくらいダラーンと下げます。

そしてムチのようにひじ手首とスイングを始め、それと同時にさっき教えた手首を内側に回転させる動作を始めます。

ひじが伸びきった瞬間に、手首の回転も終わるようにします。そしてその瞬間がインパクトです。

スイングのスピードと、手首の回転のスピードがMAXになった瞬間にインパクトをすることで、最も効率よく力を伝えることが出来るからです。

インパクトの後は、刀を腰のさやに戻す武士のようなイメージでフォロースルーをします。そのとき頭は下げないようにしましょう。

この流れがスムーズに出来るようになれば、サーブやスマッシュは完全に得意分野になることは間違いないです!

最初はもちろん難しいと思いますが、スローで何度も上の動きを行い、自分のものにして下さいね!

今回は腕と手首の使い方のみの説明だったので、左手や足の使い方については触れていまません。(サーブとスマッシュでは変わってくるので)

近いうちにまた説明するので、それまでに皆さん、イースタングリップでのサーブ&スマッシュをマスターしておいて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ロブが来ると思いイースタングリップに変えてスマッシュを打とうとしたけどシュートが来る場合はありますか?

    • もちろんありますよ!
      そういった場合に無理をせず、1本しっかりと返すことも大切です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)