ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

良いこと尽くめの練習法「片足打法」とは?

良いこと尽くめの練習法「片足打法」とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「片足打法」という練習法について紹介します。

まず片足打法とは「軸足」、つまりフォアハンドなら右足、バックハンドなら左足1本で、最初から最後まで打つ打ち方のことを言います。

そしてこの練習法で身につくことは3つあります。

片足打法で身につくもの

⑴深視力

深視力とは、遠くにあるものとの距離感を正確に測る力です。
つまりテニスでいうと、ボールとの距離感を正しく測る能力です。

軸足1本で打つということは、踏み込み足を使用できないということですね?

ということは軸足を正確な一点に置かなければ、しっかりとボールを打つことが出来ない。

ですから自然とボールとの距離感を正確に測る能力、深視力が身につくんです。

⑵正しい身体の回転運動

軸足1本で打つということは、体重移動が全く出来ないということですよね?
そして腕の力だけでボールを打つのにも限界があります。

よってボールをしっかりと飛ばそうとすると、身体の回転運動、具体的にいうと腰のひねりが必要不可欠になってくるんです。

後ほど詳しく説明しますが、片足打法を練習していると何も考えずともスムーズな回転運動が自然と出来るようになってくるんですね。

⑶体幹の筋肉

軸足1本で、身体の回転運動を使って打つためには、頭から軸足までが1直線になっている必要があります。

身体が直線でなければ、スムーズな回転運動が出来ませんからね。

打つ前、インパクトの瞬間、打った後
全ての動作で身体を1直線に支えようとすることで、テニスで最も重要とされている体幹の筋肉が自然とつくんです。

ひとつの練習でここまでのものが身につくなら、やらないわけにはいきませんよね?

では今から本題の「片足打法」の打ち方を紹介していきます。

片足打法の打ち方

まず普段通りのテイクバックの姿勢になります。(フォアハンド)
その体制から右足一本で立ち、左足を後ろへ大きく引けるところまで引きます。

左足でサッカーボールを蹴る直前のような状態になっていればオッケーです。
これが打つ前の状態です。

いかに早くこの状態でボールを待てるかが第一のポイントです。

深視力がある選手ほど、早くこの体制に入ることが出来ます。

そして次はスイング、ここが重要です。
普段通りのスイングをするのですが、その際スイングと同時にさっき引いた左足を、ボールを蹴るように前に一気に蹴り出します。

実際にやってみると、腰がキュッとひねられるのがわかると思います。

これがボールを打つ際の、身体の自然な回転運動なんです。

そして打った後、ボールがネットを越えたのを確認してから左足を下ろします。

打った勢いで左足を下ろしてしまっては、練習の効果が半減するので気を付けましょう。

片足打法の打ち方、わかって頂けましたか?
乱打の際にこの打ち方を取り入れるだけで、深視力、正しい身体の回転運動、体幹の筋肉の3つが簡単に身につくので、ぜひ明日の練習から取り入れてみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年6月16日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)