ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

全てのボレーのコツ「ゆるみ」とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、全てのボレーに共通するコツ「ゆるみ」についてお話しします。

この「ゆるみ」の仕組みさえ理解すれば、全てのボレーをコンパクトな動作で鋭く弾くことが出来ますよ!

全てのボレーのコツ「ゆるみ」とは?

まず「ゆるみ」といってもどこのことを指すのかですが、それは「手の平とグリップの間の隙間」のことです。

どういうことか?
1度ラケットを持ってやってみて下さい。

まずグリップをギュッと握ったままボレーの構えをします。
そしてその位置でグリップを握る力を弱めて下さい。ラケットヘッドが自分の方に倒れてきますね?
racket4このような状態です。
すると自分の手の平とグリップの間に「隙間」が生まれているのがわかりますか?

これがボレーの最大のコツ「ゆるみ」だと私は考えます。
なぜこのゆるみがそんなにも大切なのか?それはこの「ゆるみ」が「ボレーのテイクバック全ての代わりとなる」からです。

どういうことか?
今ゆるんでいるグリップをギュッと握ってみて下さい。
racket5当然ですがラケットヘッドがこのように前へと動きますね?
ボレーの際のラケットの動作はこれだけで十分なんです。

つまり他の動作、ラケットを引いたり前へ押し出したり、こういった動作は一切必要ありません。

グリップをゆるめ、インパクトの瞬間に力を入れる。これだけです。
慣れてきたらインパクトの直後、握ったグリップをすぐにゆるめましょう。

そうすることで柔らかいボレーになり安定感が増します。
つまりラケットを握るのはほんの一瞬だけということですね。

つまりラケットが動くのもほんの一瞬だけなんです。

私が前衛として1番意識している「ラケット動作をとにかく小さくすること」をこれが実現してくれています。

このグリップの「ゆるみ」からの、そのゆるみを握りしめることでのラケットヘッドの動きが、全てのボレーに共通するコツになるんですね。

昔の記事でこのグリップのゆるみを利用したローボレーの仕方を紹介しているので良かったら見て下さい。理解が深まるはずです。「ローボレーの革新的ラケットの使い方」これとあとは下半身の力を合わせることで、最も少ない動作で弾けるボレーが生まれるのです。

ラケットが動かなければ動かないほど、チップや当たり損ないというミスは減ります。

そしてどれだけラケットを大振りしてボレーしても、このグリップのゆるみを利用してボレーしても、正直ボレーの速さはそこまで変わりません。しかしミスする確率は大きく変わってきますよね?

これは安定感があり、かつ弾ける理想のボレーなんです。
今までのボレーの癖を直すのは大変かもしれませんが、このブログを読んで下さっている皆さんには、ぜひこのボレーを習得してもらいたいので頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月16日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ボレーの最大のコツまで教えていただきありがとうございます。突然なんですが、どうしても私のボレーのフォームはラケットを縦に振ってしまい、ボールを右方向に切ってしまいます。フラットに当てて押す意識はしているのですが、中々弾きの良いボレーがやはりできません。どうすれば良いでしょうか…

    • インパクトの直前まで右手はグリップを握らず左手でシャフトを持って待ち、インパクトの瞬間にグリップを握ってボレーをする練習をおすすめします。

      そしてボレーを弾くのは足なので、ラケットの動きばかり意識せずに足の動きに重点を置いてみて下さい。

  2. 突然すいません。
    早速、挑戦してみました!
    しかし、ゆるみを意識してボレーしているとボールとの距離が掴みにくくなりました。
    コツなど教えていただせませんか?

    • 返信がだいぶ遅れてしまい申し訳ありません。
      確かにインパクトの点が一点になるため距離がつかみにくいかもしれませんね。

      そのような場合は足も使い、打点を微調整するよう心掛けるとうまくいくかもしれません。

  3. ボレーのときラケットは引きますか?

    • この記事で紹介している通り、ラケットを引くという感覚よりも手の中の緩みを利用してボレーするイメージがベストです!

  4. 突然、すいません❗ 中学生 男子ソフトテニス部 前衛です。
    ボレーの際、ラケットを強く握る【弾こうとする】とボールが上に飛び、アウトをしてしまい、
    逆に当てるだけ【ストップボレーでは無いです】にすると相手のチャンスボールになってしまいます。
    段々前衛の自信が無くなってきています。一体どうすればいいのでしょうか?

    • 強く握るだけでボレーがアウトすることはほとんどないため、恐らくラケットを振ってしまっていると思われます。ちなみに当てるだけのボレーはNGですよ!

  5. ゆるみをしようとするのですが、ラケットが裏に倒れません。握り方がわるいのでしょうか?

    • グリップをゆるめたまま腕全体を前に出していけば、慣性でラケットヘッドは後ろに倒れていくはずですよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)