ソフトテニス【前衛ドットコム】

ソフトテニスに必要な握力とその鍛え方とは?

ソフトテニスに必要な握力とその鍛え方とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「ソフトテニスにおいて必要な握力」についてお話しします。

恐らく皆さんは、ソフトテニスに必要な握力って?握力は握力じゃないの?と思うかもしれません。

しかし実はそうではないんです。
全ての筋肉は「それぞれのスポーツに合った鍛え方」が必要になってくるんですよ!

ソフトテニスに必要な握力とは?

それは「瞬発力のある握力」です。

瞬発力のある握力とは、出来るだけ短い時間、つまりは一瞬で最大限の力を発揮できる握力のことを指します。

なぜ瞬発力のある筋肉が必要かというと、ソフトテニスにおいてグリップを握り続けるという場面は決してないからです。

サーブ・ストローク・ボレー・スマッシュ、どんなショットでも、グリップを握り込むのは必ずインパクトの瞬間のみですよね?

例えばボルダリングのように、長時間なにかを握り続ける競技の場合は、瞬発力に加えて持久力のある握力が求められます。しかしソフトテニスにおいてそのような持久力のある握力は必要ありません。

脱力した状態から一瞬で最大限の力を発揮でき、その直後には素早く脱力することができる、そんな握力が理想となってくるんです。

ではどのようにすれば瞬発力のある握力が身に付くのか?
具体的なトレーニング方法を今から紹介していきます。

ソフトテニスに合った握力の鍛え方とは?

瞬発力のある握力を鍛えるためには、もちろんトレーニング時から同じような動作でトレーニングをする必要があります。つまり瞬発力を必要とする動作ですね!

まず鍛える手段ですが、それは普通のトレーニング方法で大丈夫です。定番は握力を鍛えるグリップですよね。

ただそのときに意識してほしいポイントがひとつだけ。

それは「とにかく速く動かす」ということです。
普通にゆっくりと握り込むのではなく「グッ・パッ・グッ・パッ」と素早く何度も繰り返すんです。

器具が何もない方は、お風呂の中で手を「グー・パー・グー・パー」と高速で繰り返すだけでも十分効果があります!

このように高速で「握る・離す」動作を繰り返すことで、瞬発力のある握力が身に付くんです。

とても簡単ですよね?
簡単ですが効果は絶大なので、ぜひ今後のトレーニングに取り入れてみて下さい!

特にボレーの弾きがいまいち…という前衛の方にはおすすめですよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. パワーボールでダラダラ回すのではだめだということですね?

    • もちろんパワーボールでも握力はつきますが、今回紹介したトレーニング法の方が効率は良いですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top