ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ソフトテニスに合った筋トレの方法|瞬発力の鍛え方

ソフトテニスに合った筋トレの方法|瞬発力の鍛え方

「ソフトテニスに筋トレなんて必要ない!」と思っている方いませんか?

確かにソフトテニスは筋肉をつけたからといって勝てる競技ではありません。
むしろこちらの記事で書いた通り、むやみやたらに全身を鍛えると逆効果になることも…。

しかし高いレベルで勝つためには最低限のトレーニングは必要不可欠で、またソフトテニスに合った筋トレの方法も存在します。

そこで今回はソフトテニスに特化した筋トレの方法を紹介しますね!

前衛最短育成理論のバナー

ソフトテニスに合った筋肉とは?

まず筋肉の鍛え方にはいくつかあります。

・筋力をアップさせるための鍛え方
・筋肉を大きくするための鍛え方
・筋肉の持久力を高めるための鍛え方

などなど…。

そしてソフトテニスに合っているのは「筋肉の瞬発力を高めるための鍛え方」です。

テニスは筋力や持久力よりも、最初に発揮する瞬発力が大事になってくるスポーツです。

前衛のポーチボレーなどはその典型的な例ですね。

瞬発力がものすごい前衛だと、相手がボールを打ってから動いても届く場合もあるくらいです。

そのため筋トレをするなら、余計な筋肉をつけるのではなく、瞬発力を鍛えることに特化したトレーニングを行いましょう。

瞬発力を高めるための鍛え方

どのようにトレーニングすれば、瞬発力のある筋肉がつくのか。

最大のポイントは「とにかく速い動作で筋トレをする」ということです。

できる限り速い動作で筋肉を動かすことで、瞬間的に爆発的な力を出せる、瞬発力のある筋肉が身に付くからです。

そのことを意識しながら、

・12〜20回を4〜6セット
・セット間の休憩は2〜4分

このトレーニングを行うことで、効率的に瞬発力を高めることができます!

そして何より重要なのが、筋トレ後にたんぱく質を摂るということです。

鶏肉や卵など料理で摂取できればベストですが、トレーニング後に摂るのは難しいと思うので、やはりプロテインがおすすめですね。
こちらの記事でおすすめのプロテインを紹介しているので、プロテイン選びで迷われている方は参考にしてみてください。

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ソフトテニスに合っているトレーニングは、筋肉の瞬発力を高めるための鍛え方。

②瞬発力を高めるためには「とにかく速い動作で筋トレをする」ことがポイント。

③筋トレ後には必ずたんぱく質を摂るようにする。

といった感じですね!

むやみやたらにトレーニングをするのではなく、ソフトテニスに合った筋肉をつけてプレーの質を高めましょう!

ソフトテニスに最も必要な筋肉「体幹」についての記事もご覧くださいね!
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. フォアのハイボレーが上手くできません(¯―¯٥)
    ハイボレーをするときのコツや打つべきコースが知りたいです。

    • フォアのハイボレーはひじを固定し、ひじから先だけを振るようにしてインパクトしてください。
      インパクトの後はラケットをピタッと止めることも大切です。

      コースは状況に応じて相手のいないコースに打ち分ける必要がありますよ!

  2. 僕はいつも飛び出すのが早すぎるようで、逆をつかれやすく、かといって遅くするとボールに届きません
    飛び出すタイミングを教えてください
    効果的なフェイントの仕方なども教えてください
    よろしくお願いします

    • 過去記事に2つとも書いてあるので、是非参考にしてみて下さい!
      ボレーのカテゴリからすぐに見つかると思いますよ!

  3. カーフレイズ系のふくらはぎを鍛える筋トレでも速くトレーニングした方がいいですか?

  4. 前衛に必要な筋肉は何ですか?
    また、その筋肉の鍛え方を教えて下さい!

    • この記事に書いてある通り瞬発力が必要です。
      あとは前衛・後衛問わず、体幹の筋肉が必要ですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)