ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

本当に上手い選手の見分け方は「ミスの仕方」にあった?

本当に上手い選手の見分け方は「ミスの仕方」にあった?

・乱打は強いけど試合になると打てない
・上手い打ち方だけど勝てない

今まで様々な試合を見てきましたが、このような選手は大勢います。

そこで今回は本当に上手い選手の見分け方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

本当に上手い選手の見分け方

まず前提として、本当に上手い選手とは「試合で勝てる選手」です。

そして試合で勝てる選手とそうでない選手には決定的な違いがあります。それは「ミスの仕方」です。 

ミスの誤差

ソフトテニスのミスは、ほとんどが「ネット」か「アウト」のどちらかですよね。

そしてどんな選手でもこれらのミスはありますが、本当に上手い選手は「ミスの誤差が小さい」です。

つまりネットだったら白帯の部分、アウトだったらボール何個分といったように、惜しいミスが多いということです。

一方、下手な選手はこのミスの誤差が大きいと言えます。

特にサーブやセカンドレシーブなど相手の打球にあまり影響されないショットで、ネット下段にかかったり大きくアウトしたりしてしまう選手は明らかに技術不足、練習不足です。

ミスした後のミスの仕方

どんな選手でも連続してミスすることはありますが、本当に上手い選手はミスした後に同じミスの仕方をしません。

例えば正クロスのサーブで、ネットの白帯に当たってフォルトしたとします。

その場合、本当に上手い選手は次の逆クロスサーブでネットにかかる可能性は少なく、フォルトしたとしてもサービスラインを超えてのフォルトになります。

なぜなら前のポイントの感覚を生かして、調整することができるからです。

下手な選手はこの調整ができないため、連続して同じミスの仕方を繰り返すことが多々あります。

まとめ

今回の内容をまとめると、

【本当に上手い選手の見分け方】
⑴ミスの誤差がどれだけ大きいか
⑵ミスした後に同じミスの仕方をするかどうか

といった感じですね!

このようにミスの仕方ひとつで、本当に上手い選手かどうか見分けることが可能です。

練習でミスの仕方を意識することは少ないかもしれませんが、一度自分のミスを見直してみてはいかがでしょうか?

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ストロークやボレー、スマッシュが白帯に2回以上当たったら失点ですか?そのボールは有効ですか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)