ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ロブで振り回される展開の防ぎ方

ロブで振り回される展開の防ぎ方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は意外と質問が多かった、自分の後衛が相手後衛にロブで振り回されているときに、前衛はどう対処するべきなのかについてお話ししていきます。

正直な話、ロブで連続で振られる場面は、試合のレベルが高くなるにつれてなくなってくるのですが、県大会の中学・高校レベルだとまだまだよく見られる光景です。

ではそのような展開のとき、前衛はどう対処すれば良いのでしょうか?

前衛最短育成理論のバナー

後衛がロブで振り回される展開の防ぎ方とは?

本来なら単純に「ロブを追って叩け」と厳しく言いたいところですが、それが出来ないから前衛の方は困っているんですもんね(笑)

そこで今回紹介する方法は、ロブを追って叩く必要はありません!

ではどうするのかというと「ロブを打たせない」のです。
そんなこと出来るの?と思うかもしれませんが、案外簡単に出来ます。

相手が振ろうとしているコースのロブを「明らかに追うぞ」という姿勢で早めに1.2歩下がってしまうんです。

もし仮にスマッシュが下手だと相手にバレていたとしても、わざわざ前衛に触られるコースにボールを打つ後衛はいません。

この時点でロブを打たれることはなくなりますね?

しかしここで生じる問題がひとつ。
早めに下がることで、ミドルやパッシングが通されやすくなってしまうんです。

しかしこれはやむを得ません。
もともと全てのボールに対応することは不可能なので、ノーリスクでロブを防げる都合の良い話なんてありませんからね。

相手が打つ瞬間に素早くネットにつく、もしくはローボレーで1本しっかり返すといったように、そこは上手く対応しましょう。

今回の「先にコースを塞いで打たせない動き」は様々な場面で応用出来ます。

今回のように絶対に打たせなくないコースを塞いだり、逆に打たせたいコースへ誘導したりと、工夫次第で色々と使えます。ちなみに私はダブル後衛と戦うときによく使いますよ!

是非一度試してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年7月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)