ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハンドのコツは「左手」の使い方|速い球を打つためのポイント

バックハンドのコツは「左手」の使い方|速い球を打つためのポイント

フォアハンドは打てるけど、バックハンドは苦手…。

このような選手が圧倒的に多いですが、バックハンドはポイントさえ掴めば、速い打球も簡単に打てるようになります。

そこで今回はバックハンドで速い球を打つためのポイントを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

バックハンドで速い球を打つコツ

バックハンドでは左手(利き手と逆の手)の使い方が非常に重要となってきます。

⑴左ひじを後ろに引く

まずテイクバックの姿勢。

左足1本で立っている状態のとき、胸を張るように左ひじを後ろに大きく引きましょう。

慣れるまでは左手の親指が自分の脇に触れるくらい、思い切り引いてしまっても構いません。

⑵左手をグッと前に突き出す

次にインパクトの直前。

ボールが打点に入ってきたタイミングで右足を踏み込みますよね。

その右足を踏み込んだ直後、後ろへ引いていた左手を、右の脇の下へ差し込むようにグッと突き出してください。

⑶お腹の前で左手を止める

グッと突き出した左手をお腹の前で止めます。

すると左手を突き出した勢いで、自然と身体が回転を始めますよね。

その身体の回転こそ、スイングの初速のスピードを上げるポイントなんです。

バックハンドで力を伝えるためには

つまりバックハンドで速い球を打つためには…

右足の踏み込み→左手を突き出す動作→腰の回転

この3つの動作を連続してスムーズに行い、力を伝えていく必要があるということです!

まとめ

今回の内容をまとめると、

バックハンドでは左手(利き手と逆の手)の使い方が非常に重要となってくる。

【バックハンドで速い球を打つコツ】
⑴左ひじを後ろに引く
⑵左手をグッと前に突き出す
⑶お腹の前で左手を止める
⑷身体が自然と回転する
⑸スイングの初速のスピードが上がる

といった感じですね!

このように左手を正しく使うことができれば、筋力が低い選手でもバックハンドで速い打球を打つことは可能です。

バックハンドは試合で狙われやすいので、フォアハンドと同じくらい打てるように練習しましょう!

バックハンドに関する記事はこちらからご覧ください。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. とても参考になりました!!チームメイトにはバックハンドが弱点だって覚えられてしまいいつも狙われていたのですが、バックハンドで強いボールを打ち返して点をとった時の相手のポカンとしている顔が忘れられないくらいです。本当にありがとうございました!

    • それはそれはこの記事を書いた甲斐がありました!
      バックハンドが武器だと思われるくらいにしてやりましょう!

LEAVE A REPLY TO ツバサ CANCEL REPLY

*
*
* (公開されません)