ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ストロークで詰まる選手は「踏み込み足」が原因?

ストロークで詰まる選手は「踏み込み足」が原因?

・打点が近くて打ちづらい
・窮屈な打ち方になってしまう

このようにストロークを打つときに、詰まってしまう選手は本当に多いです。

しかし「詰まる」原因は単純で、簡単に解決することができます。

そこで今回は詰まる選手の原因と、その解決策を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ストロークで詰まる原因

ストロークで詰まる原因はたったひとつ。

それは「踏み込み足の設置が早すぎる」ということです。(右利きの場合、踏み込み足は左足)

ボールを打つ位置に早く移動して構えるべきじゃないの?と思うかもしれませんが、それは半分正解になります。

早く設置しても良いのは「軸足」のみだからです。

軸足は早い段階で決めてしまっても大丈夫なのですが、踏み込み足まで決めてしまうと、その位置から動くことができなくなってしまいます。

すると打点の微調整ができず、その結果ストロークを打つときに詰まってしまうんですね。

ストロークで詰まらないためには

踏み込み足の設置が早すぎることで詰まってしまうということは…

「打つ直前まで踏み込み足を浮かしておく」ことで解決できるということです。

踏み込み足を浮かしておき、ボールが近い場合はオープンスタンス気味に、ボールが遠い場合はクローズドスタンス気味に踏み込むことで、打点の微調整が簡単にできてしまうんです。

①ボールを打つ位置まで移動する
②軸足を決めてボールを待つ
③踏み込み足をボールに合わせて踏み込む
④ボールを打つ

このような流れでボールを打てば、詰まることはないですよ!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ストロークで詰まる原因は「踏み込み足の設置が早すぎる」ということ。

②踏み込み足まで決めてしまうと、その位置から動くことができなくなってしまう。

③ストロークで詰まらないためには「打つ直前まで踏み込み足を浮かしておく」ことが重要。

④ボールが近い場合はオープンスタンス気味に、ボールが遠い場合はクローズドスタンス気味に踏み込むことで、打点の微調整が簡単にできる。

といった感じですね!

踏み込み足のタイミングを少し調整するだけで、打点のコントロールで悩むことがなくなります。

今までストロークで詰まっていた方、今回の内容を参考にしてみてくださいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)