ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

守りのライジングの打ち方|ショートバウンドで返すコツとは?

守りのライジングの打ち方|ショートバウンドで返すコツとは?

ボールがバウンドしてから頂点に達するまでの間に、ボールをインパクトするショットを「ライジング」と言います。

普通よりも早いタイミングで打つことで、相手に準備する時間を与えない攻めのショットなのですが、ライジングは攻撃だけではなく、守りにも応用できるショットなんです!

そこで今回は守りのライジング、つまりショートバウンドでボールを返球するコツを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

守りのライジングとは?

・足元をピンポイントで狙われたとき
・深いボールを差し込まれたとき
・ボレーやスマッシュのフォロー

上の場面では構える時間がないため、ショートバウンドで返球することが多いです。

このような相手に攻められたボールを、正確に深く返すショットを「守りのライジング」と言います。

簡単に言えばショートバウンドの対応ですね!

守りのライジングのポイント

⑴ラケットを振らない

ショートバウンドの対応で最も大切なのはラケットを振らないことです。

バウンドした直後のボールは勢いが強いため、ラケットを振って打とうとすると確実にアウトしてしまいます。

そのためラケットは「ボールに当てて押し出す」だけで十分。

飛距離に合わせてラケットを軽く前に押し出しましょう。

⑵身体をかぶせる

ショートバウンドでボールを返球しようとすると、どうしてもボールが浮いてしまいます。

そのため自分のおへそを見るように身体をかぶせて、ボールの高さをコントロールしましょう。

そうすることでローボレーと同じような低い弾道でボールを返すことができます。

もし高いボールで時間を稼ぎたい場合は、逆に身体をのけぞることで自然とボールは高く上がります。

そのときはボールが短くならないように、ラケットを少し強めに押し出すように意識してください。

まとめ

今回の内容をまとめると、

【守りのライジングのポイント】
⑴ラケットは振らずに押し出すだけ
⑵身体をかぶせて高さをコントロールする

といった感じですね!

ショートバウンドの対応はかなり難しいですが、必要不可欠な技術です。

ローボレーポジションや後ろに下がっている最中など、守りのライジングを使いこなしてくださいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)