ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ライジングを使いこなすコツとは?

ライジングを使いこなすコツとは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通りライジングについてお話しします。

まずライジングを知らない方のために説明すると、普通打つときはボールがバウンドして頂点に上がりきったとき、もしくはその後ボールが下がっている間に打ちますよね?

ライジングはそうではなく、ボールがバウンドした直後から頂点に達するまでの間、つまりボールの上がりっぱなしを打つショットのことです。

では早速そのライジングの打ち方について説明していきますね!

前衛最短育成理論のバナー

ライジングを自在にコントロールするコツとは?

まず今日話すライジングは、打ち込む攻めのライジングではなく「守りのライジング」についてです。

例えば後衛なら相手に速いボールを深く差し込まれ、下がれない場合にショートバウンドで返す場面がありますよね?

前衛ならローボレーポジションで足元を狙われた際のショートバウンドや、ボレー・スマッシュのフォロー時に自分の手前でバウンドする場面がありますよね?

そういうときのライジングでの返球方法です。
簡単に言えば「ショートバウンドしたボールの対応」ですね。

このショートバウンドの対応の際のポイントは2つです。

1つ目は「ラケットを動かさないこと」です。
ただでさえ向こうの球の勢いが死んでいない、バウンドした上がりっぱなを打つのに、こちらまでラケットで「打とう」とするとコントロールするどころか確実にアウトします。

そのためラケットは「ボールに当てる」本当にこれだけで十分です。

後ろで飛距離を出す必要があるときは、ほんの少し前へ押し出すだけで十分です。

ではどのようにライジングで返すコースをコントロールするのか?

これが2つ目のポイントです。ラケットを動かさずに打つコースをコントロールするためには「身体全体で打つコースを選択する」ということが必要になってきます。

まず高さのコントロール法です。
これは「身体をかぶせるか、のけぞるか」で調節出来ます。

例えばローボレーポジションでショートバウンドしたボールをライジングで返すときは、インパクトの瞬間に身体をボールにかぶせるようなイメージで前かがみになることで、普段のローボレーと同じような低い弾道で返すことが出来ます。

逆にスマッシュのフォローや、後ろで深く差し込まれたときには、インパクトの瞬間に身体を後ろに倒れるようにのけぞることで、高く時間のあるボールで返すことが出来るんです。

そして左右のコントロールは「肩」でします。ボールを右に飛ばしたいときは左肩を少し前へ出し、左に飛ばしたいときには右肩を少し前に出します。

決してラケットの向きを自分で変えようとしてはいけません。ミスに繋がってしまいますからね。

肩の前後だけで十分左右のコースはコントロールすることが出来ます。

この身体の前後と、どちらの肩を出すかで、ライジングを打つコースをコントロールすることが出来るんです。

「身体の前後と肩の前後」簡単ですよね?

今までショートバウンドのボールをライジングで返すのがどうしても苦手だったという方、今日の内容を参考にぜひ克服できるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月12日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)