ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛がバックレシーブに切り替えることによる3つのメリット

前衛がバックレシーブに切り替えることによる3つのメリット

・バックレシーブが苦手…
・絶対フォアに回り込んでレシーブする

このような前衛の方は多いですが、実は前衛のバックレシーブにはフォアハンドより多くのメリットがあるんです。

そこで今回は前衛がバックレシーブに切り替えることによる3つのメリットを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

バックレシーブの3つのメリット

⑴素早くネットにつける

右利きの前衛がフォアハンドでレシーブを打つとセンターが大きく空いてしまいます。

バック側にきたサーブを回り込んだ場合、コートの外側まで追いやられてしまうことも。

しかしバックハンドでレシーブをすれば、センターを空けることなくレシーブができ、その結果ネットに素早く走ることができます。

これは前衛にとってかなり大きなメリットです。

⑵安定したボールを打つことができる

これはバックハンドの特徴なのですが、フォアハンドと比べてバックハンドは「打ち方」と「打点」が限定されています。

フォアハンドは打点・スイングともに多くのパターンがあるため自由度がとても高いです。

しかしバックハンドは打点が身体前方の狭い範囲しかなく、スイングのバリエーションもほとんどありません。

バックハンドは身体の「体重移動」と「回転運動」で打つ必要があるため、フォアハンドに比べて自由度がとても低いんです。

自由度が低いというとマイナスなイメージに聞こえるかもしれませんが、実はそうではありません。

バックレシーブの度に、同じフォーム・同じリズム・同じ打点・同じスイングになることで、安定してレシーブを打つことができるということなんです。

そのためバックレシーブに慣れてしまえば、フォアハンドのレシーブより確実にミスが少なくなりますよ。

⑶同じフォームでコースの打ち分けが可能

上で書いた通り、バックハンドは身体の「体重移動」と「回転運動」で打つため、コースを打ち分けるときにフォームが大きく変わりません。

体重移動のタイミングや回転運動のスピード、わずかな打点の調整でコースを打ち分けることができます。

そのためフォームからコースを予測されにくいんです。

まとめ

今回の内容をまとめると、

【バックレシーブの3つのメリット】
⑴素早くネットにつける
⑵安定したボールを打つことができる
⑶同じフォームでコースの打ち分けが可能

といった感じですね!

今まで全てフォアハンドでレシーブを打っていた前衛の方、全て切り替えるべきとまでは言いませんが、バックレシーブは必ず習得するべき技術です。

こちらの記事にバックレシーブのポイントをまとめているので参考にしてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)