ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ツイスト・ドロップショットの打ち方

ツイスト・ドロップショットの打ち方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はリクエストが多かったツイストの打ち方についてお話します。

ツイストの打ち方といっても人それぞれなので、あくまで私の打ち方を紹介しますね!

前衛最短育成理論のバナー

ツイストの打ち方

グリップ

よくウエスタングリップからイースタングリップに持ち替える選手を見かけますが、私は持ち替えずにウエスタングリップで打つことをおすすめします。

理由は2つ、
1つはテイクバック時のフォームで相手に見抜かれないため。

もう1つは、そもそもボールの下を切る必要がないためです。
詳しくは次で説明します。

ボールの切り方・回転

ツイストのボールタッチの際、ボールの下を切る人と、ボールの後ろを上から下へ押し出すように切る人に分かれると思います。

私のおすすめは後者です。
ラケット面を上に向けず、ボールに対してフラットな状態で上から下へ押し出すように切る。

このようにボールの下を切らずに、ボールの真後ろを押し出すように切ることで、ツイストが高く浮いてしまうことがなくなります。

バックスピンの回転量は当然少なくなりますが、いくら強くかけたところでバックスピンの効力なんてたかが知れています。
テニスの王○様の部長並みにバックスピンをかけられるのなら別ですが(笑)

バックスピン前提で話していましたが、ドライブをかけたツイストについての記事もあるので良かったら参考にして下さい。
裏技レシーブ「ドライブツイスト」とは?

打つテンポ

普段と同じテンポで打ってももちろん良いと思いますが、私は少しライジング気味に早いテンポで打つことをおすすめします。

理由は、単純に早いテンポで打つことで相手の反応が一瞬遅れるからです。
ツイストにおける一瞬の反応の遅れはかなり大きいですよね?

早いテンポで前に落とされる場面はあまりないため、意外性があり使えますよ!
ただ少し難しいため、実戦で使うにはかなりの練習が必要です。

ツイストで重要なポイント

最後にツイストで私が最も重視しているポイントについてです。

何だと思いますか?
ボールの短さ、打つタイミング、コース、色々ありますが、私が最も意識しているのは「ボールの滞空時間」です。

言い換えると「ボールの低さと速さ」ですね。

私は前衛なので逆クロスレシーブです。
なのでサイドラインから出て行くくらい流しの方向へ、短くて速いツイストを打つようにしています。

一般的なツイストよりも長くなってしまいますが、それでも十分エースがとれます。

滞空時間が短い2バウンドするまでの時間が短いということです。
そのため、短くてもポワーンとしたツイストよりもこちらの方が断然効果的なんです。

短く打とうとしてネットしてしまうリスクも低いですしね!

今日紹介したツイストの打ち方のポイントをまとめると、

1.グリップは持ち替えない方がベター
2.ボールの下ではなく真後ろを上から下へ押し出すように切る
3.普段より早めのテンポで打つと効果的
4.なるべく低くて速い、滞空時間の短いボールを心掛ける

ということですね!

ツイストが使えるのと使えないのとでは、戦い方のバリエーションが大きく変わってくるので、ぜひマスターしておいて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年6月28日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 毎回わかりやすい記事ありがとうございます。

    質問なのですが、ツイストを打ったあとのポジションはどこに取れば良いですか?

    また、自分は今、高二の前衛なのですが、部活では「後衛は乱打をしていれば上手くなる」として後衛練習を行っていません。行った方がいい練習などあったら教えてください。

    • 基本的にポジションは相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線上の上です。これはツイストを打った後も同様です!

      練習については「練習法」カテゴリにある練習を参考にしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)