ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

サービスダッシュの弱点「足元」を狙い打つ

サービスダッシュの弱点「足元」を狙い打つ

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、サービスダッシュをしてくる前衛の足元を上手く突き、ポイントを取る方法について紹介します。

前衛最短育成理論のバナー

サービスダッシュの弱点

まず正直な話をすると、サービスダッシュはよほど上手い前衛が行わない限り、メリットよりデメリットの方が大きいです。

理由は単純です。
サービスダッシュをしてもほとんどの前衛が、
得点を取れる確率失点する確率になってしまうからです。

ローボレーが本当に上手い前衛ならば、攻撃的により速く前へつけるため有効なサービスダッシュですが、そこには多くのリスクが潜んでいます。

しかし逆にレシーブ側から考えると、上手いとは言えない前衛のサービスダッシュは、つまり「穴だらけ」ということになりますよね?

今日はその「穴」の中でも特に狙うと得点が取りやすいポイントを皆さんにお教えします。

足の甲の真上

ここをピンポイントで狙うのは難しいですが、ローボレーポジションで最も前衛が取りにくい部分、それは「足の甲の上」です。

実際に自分の足の甲の上にボールが飛んできたことを考えるとわかると思いますが、攻めようがありませんね?笑

むしろどうやって返すの?
という方もいるかもしれません。

さらに「ノーバウンドでさわるか、ワンバウンドさせるか」ここで迷いが生じるんです。

コンマ1秒でも相手前衛が迷ったらもうこっちのものです。

その時点で相手は受け身ですから、前衛は返ってくる甘いローボレーを叩く準備をしておきましょう。

このように足の甲の上は、技術的にも心理的にも狙われたくない場所なんですね。

もちろんそこをピンポイントで狙うのはとても難しい技術なので、足元を狙う際のイメージとして覚えておきましょう!

守備範囲ギリギリの点

こちらは割とオーソドックスなポイント「相手前衛がギリギリさわれるところ」です。

詳しく言うと、相手前衛と相手後衛の間の、やや前衛よりですね(笑)

(少し遠いけど頑張ればさわれる、けどさわらなくても後衛もギリギリ届くか…?)と相手前衛が感じるくらいのコースに打てれば理想です。

サービスダッシュで前への動きに加え、横の動きも加わるので技術としてもかなり難しく、また前にも進みにくいです。

そしてこちらも相手に一瞬迷わせることで、受け身のローボレーへと誘導出来るんですね。

こちらもピンポイントに打つのは難しいため、最初はある程度漠然とでもいいので狙ってみて下さい。だんだんと前衛がミスしやすい高さやコースがわかってきますよ!

今まで相手前衛のサーブを何も考えず後衛にリターンしていた方、もったいないです。

簡単に点を取れるチャンスを逃さないよう、積極的に前衛の足元を突いていきましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年6月16日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)