ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックレシーブのコツは車のワイパー?

バックレシーブのコツは車のワイパー?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はバックレシーブについてお話しします。

バックレシーブ、難しいですよね、、笑
私も昔、長らく苦手な時期がありました。

しかし考えに考え、そして練習に練習を重ね、ようやく克服することができ、今ではフォアのレシーブよりも得意なくらいになりました。

その間につかんだコツを今日は皆さんに伝えていきたいと思います。

前衛最短育成理論のバナー

バックレシーブで意識するべきポイント

1.スイングの軌道は車のワイパーを意識する。

2.右肩を下げ、肩越しにボールを見る。

3.左足の位置を決めても、右足はギリギリまで浮かしておく。

まずはタイトルにも出しましたが、自分が1番効果があったこれ、

1.スイングの軌道は車のワイパーを意識する

これはインパクトのあとのスイングです。
ボールを打った直後から、車のワイパーのようなイメージでラケットヘッドを上に走らせてみて下さい。

そして振り終わりは必ずピタッとラケットを止めます。
これが本当に大事で、振り終わりをしっかりと止めることで締まったボールを打つことができます。

2.右肩を下げ、肩越しにボールを見る

これも大事です。
バックレシーブの際に右肩を上げてしまうとボールの勢いに体が負けてしまいます。右肩を下げ、そしてその肩越しにボールを見ながら打つと、スムーズに打ち返すことができますよ。

3.左足の位置を決めても、右足はギリギリまで浮かしておく

これはいつも詰まってしまう方や、ボールが遠くになってしまう方におすすめです。

左足の位置を決めたら、そのまま片足で立ちボールを待ちます。そしてボールの来た位置によって右足の踏み込む位置を変えるのです。

思ったより近ければ右に踏み込み、遠かったら左に踏み込む、ということですね。そうすることにより対応力が上がります。

今日話した3つのポイントは、あくまでもバックレシーブのほんの部分部分のポイントでしかありません。

それも私には効果があったけれど、必ずしも皆さんに合うかどうかはわかりません。
なので苦手な方はとにかく練習して、自分に合ったコツを探すのも大切ですよ。

楽して上手くはなりませんからね!それでも今日話したポイントが少しでも皆さんのバックレシーブの成長の役に立てれば嬉しいです!頑張って下さいね!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By やまがた 酒田で

    こんにちは。いつも、ためになる情報楽しみに拝見してます。
    質問ですが、右肩を下げボールを見る!とありますが、ホアハンドの場合は逆に左肩を下げるのでしょうか?
    教えて下さい

    • ありがとうございます!
      下げませんよ!フォアハンドの際、両肩は地面と平行に保つのが基本です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)