ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ボレーが苦手な前衛の特徴&克服するための練習法

ボレーが苦手な前衛の特徴&克服するための練習法

前衛最大の得点源であるボレー。

重要なプレーであるにも関わらず、苦手なままにしている前衛の方も少なくありません。

・ボレーしてもチップばかり…
・当たっても弾くことができない…
・なぜ苦手なのかわからない…

このようにボレーに関する悩みは様々ですが、その原因は実は単純なものなんです。

そこで今回はボレーが苦手な前衛の特徴と、克服するための練習法を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ボレーが苦手な前衛の特徴とは?

まずボレーが苦手な選手を見ていて共通する1番の特徴は「余裕がない」ということです。

バタバタしていてラケットの動きも大きく、それなのにボレーは全然弾けていない…。

逆にボレーが上手な選手は、とても余裕があるのにも関わらず「パーン!」と小さな動作で深くまで弾いていますよね?

ではボレーに余裕がない選手は、具体的にどうすればいいのか?

余裕のあるボレーを打つためには?

どんなショットでもそうですが、ボールを打つ前には準備が必要です。

ボレーでいう準備とは「ラケットを引く」という動作ですね。

そしてボレーが得意な余裕のある選手とそうでない選手とでは、この準備の段階に大きな差があるんです。

次の数字は相手後衛がボールを打ってから(①)、前衛がボレーするまで(⑦)の過程です。
②~⑥はボールが飛んできている時間を指します。

まず余裕のない選手のボレーのイメージです。

①相手後衛インパクト
②-
③-
④-
⑤-
⑥一気にラケットを引く
⑦ボレー(インパクト)

次に余裕のある選手のボレーのイメージです。

①相手後衛インパクト
②ラケットを引く20%
③ラケットを引く40%
④ラケットを引く60%
⑤ラケットを引く80%
⑥ラケットを引く100%
⑦ボレー(インパクト)

少し大げさな表現かもしれませんが、言いたいことはわかりますよね?

ボレーに余裕のない選手は、ボールが手元に来てから一気にラケットを引いてボレーしているため、ラケットがぶれて面が安定せず、なによりミスが多くなります。

逆にボレーに余裕のある選手は、ボールが向かってくるペースに合わせて徐々にラケットを引いているため遅れることはなく、また面も安定するためミスは少ないです。

さらに広範囲のボールに対応することもできますね!

このラケットの引き方が難しい…という方は、以下の練習方法を試してみてください!

⑴普段の正面ボレーと同じようにラケットを構える。
⑵球出しのインパクトと同時に、向かってくるボールに合わせて徐々にラケットを引く。
⑶ラケットが顔の目の前にきたところで、ボレーはせずにそのままボールを止める。
⑷ボールに合わせてラケットを引く動作に慣れてきたら、ボールがふところに入ってきた瞬間ラケットを前に押し出しながら、グリップをギュッと握り込む。

この練習を続けることで、余裕のある弾くボレーができるようになるはずです!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ボレーが苦手な選手に共通する特徴は「余裕がない」ということ。

②余裕のあるボレーを打つためにはボールに合わせて「徐々にラケットを引く」ことが重要。

といった感じですね!

今回はラケットの引き方について書きましたが、もちろんボレーは下半身も重要ですので、こちらの記事も参考にしてください!
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

(最終更新:2017年11月18日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中学生女子のコーチをしていますが自分自身経験が少ない為色々悩んでいます。偶然にもこのサイトを読ましていただき参考にさせていただいています

    • お役に立てているようで良かったです!これからも更新していくつもりなので参考にして頂けると嬉しいです!

  2. コメント失礼します
    中2女子前衛です
    タイミングが分かり、
    ポーチに出れるようになりました
    質問なんですが
    ネットギリギリのボールのボレーで
    いつもネットをしてしまいます
    コーチに直せと言われたのですが
    直しかたが正直分かりません
    良かったら教えてください

    • 返信送れてしまいすいません。
      ネットギリギリのボレーはひざを曲げ身体を低くし、ラケットヘッドではなくグリップの方を前へ押し出すようなラケットの使い方をすると上手くいきますよ!

  3. バックボレーとバックのランボレーが苦手で、
    バックボレーではストレートにしか飛ばず、
    ランボレーではストップボレーばかりになってしまいます。練習では弾けるのですが、試合になるとそのようになります!アドバイスください!

    • 試合になるとボレーが飛ばなくなる前衛は、次のプレーに移るために走り抜けていないことが多いです。練習では大人数でまわるため走り抜けますよね?
      試合でも練習と同じようにしっかり走り抜け、その後きっちりと切り返す必要がありますよ!

  4. いつも拝見させていただいてます。

    自分は7年前衛をやってる男なんですが、
    スマッシュは当たるんですが
    ボレーは半分がくらい当たり損ねなんではないかと
    いうくらい多いです。
    相手コートには入りはしますが、緩いので
    フォローされます。
    どうしてこんなにも当たり損ねが多いのでしょうか?
    昔から悩んでいることなので
    ご意見をいただけたら嬉しいです。

    • おそらくラケットの動作が大きすぎることが問題だと思われます。
      ラケットの動きは最小限に、そしてインパクトの瞬間のみグリップを握ることで、ミスなく威力のあるボレーを打つことができますよ!

  5. 高一の前衛です。
    ポーチボレーにでようとするのですが途中で止まってしまいます。どうしたら走り抜けるようになりますか?

    • 練習の中で極端に(ポールの外くらいまで)走り抜けるよう癖をつけてしまうのが手っ取り早いですよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)