ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

後衛を隠す「影モーション」とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「影モーション」について紹介します。

皆さんもしかすると何のことかわからないかもしれません。少し難しい動きですが、覚えれば後衛を助けることができるモーションなので是非覚えておいて下さいね!

影モーションとその使い所とは?

まず影モーションとは、
自分の後衛と相手前衛を結んだ直線上にポジションを取り、相手前衛の視界から自分の後衛を隠すモーションのことです。

たまに相手後衛と相手前衛がかぶって、後衛の姿が見えなくなることがありますよね?あれを意識的に作り出すということです。簡単に言えば相手前衛への嫌がらせですね(笑)

そして肝心な影モーションの使い方です。
普通に考えればわかると思いますが、自分と後衛が重なるということは、コートの半分がガラ空きになるということですね?

そのため使える展開は基本的にストレート展開時のみです。
そして使うのは自分の後衛がチャンスボールを打つときのみにしましょう。

例えば、短いロブのトップ打ちなどです。相手前衛からすると、あなたの姿で後衛の打点が見えなくなるわけです。ただでさえ怖いトップ打ちです。それなのに打点が見えない恐怖、とれるわけがありませんよね?笑

最後に影モーションをする際の注意点です。

ポジションをとるタイミングは後衛が打つ直前です。
最初は普通のポジションをとり、そこからササッと一瞬で後衛と相手前衛の間に入るんです。

そのためには相手後衛の打ったボールの位置を正確に覚えておく必要があります。
後ろを向いて確認する余裕なんてありませんからね。

そしてあと1つ、後衛が打つ瞬間にしっかりとしゃがむことです。でないと背中に当たることが多々あります(笑)
これはせっかくのチャンスが失点に繋がってしまうので注意して下さい。

影モーションを成功させるためには、もちろんですが2人の信頼関係も非常に重要となってきますので、練習試合の中で試行錯誤して、2人のかたちを完成させてみてくださいね!

今日の内容をまとめると、
影モーションが使える展開はストレート展開のチャンスボールのみで、ポジションは相手後衛の打ったボールの位置で判断する。そしてポジションに入るタイミングは後衛が打つ直前で、打つ瞬間にはしっかりとしゃがむ。
ということですね!

影モーションは慣れるまでは難しいかもしれませんが、後衛がチャンスボールを打つ際に安心して打てるようになるため、非常に後衛を助けることが出来る技術です。是非習得してよりよいペアを目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月3日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)