ソフトテニス【前衛ドットコム】

元日本代表の前衛が運営する,「前衛の,前衛による,前衛のための情報サイト」 ソフトテニス 【前衛ドットコム】

前衛が後ろでパッシングを打つべき理由とは?

前衛が後ろでパッシングを打つべき理由とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、前衛が後ろでパッシング、つまり相手前衛を抜くショットを打つべき理由についてお話しします。

パッシングは後衛が打つショットじゃないの?と思うかもしれませんが、全くもってそんなことはありません!笑

前衛が後ろでパッシングを打つことで、様々なメリットが生まれるんですよ!

前衛が後ろでパッシングを打つことによるメリット3選

⑴フォローがしやすい

これは単純に前衛が後ろにいると、一時的にダブル後衛の形になるため、ボレーされたとしてもフォローがしやすいということです。

パッシングが通ればほとんどの確率で得点に繋がる上、ボレーされても決められるリスクが少ないというのはかなりの利点になりますよね?

もし自分の前にストップボレーで落とされたとしても、前衛の場合は拾ってそのままネットにつくことも出来ますしね!

⑵簡単に得点に繋がりやすい

大抵の前衛は、相手前衛の後ろでのショットはチャンスと捉えており、まさかいきなり自分側のストレートを抜いてくるとは考えていません。

そのためさほど速くないストロークでも「意外性」が生まれるため、後衛のパッシングよりも通る可能性が高いんです。

また触られたとしてもミスする可能性が高く、また前衛のストロークで点を取られた…と、相手前衛のメンタルに与える影響も大きいですよ!

⑶次からネットにつきやすくなる

前衛が後ろでパッシングを打つことによる最大のメリットがこれです。

パッシングが通った、通らなかった関係なく、相手前衛は「後ろにいるときも攻めてくる前衛なのか」と意識せざるを得なくなります。

そうすると次に後ろで前上がりのショットを打つ際、前衛はストレートに意識がいっているため、後衛前のシュートボールやコース変更のロブが打ちやすくなるんです。

つまりパッシングは試合の前半に打った方がより効果的ということですね!

以上3点が、前衛が後ろでパッシングを打つことによるメリットになります!

前衛はネットで勝負、後ろではリスクを負うべきではないという考え方もありますが、前で取っても後ろで取っても1点は1点です。

相手後衛の正面に中途半端なボールを打つよりは絶対にマシですし、さらに今回紹介したようなメリットもたくさんあるので、積極的に打っていくことを私はおすすめしますよ!

後ろで攻めのストロークを打つことが、リスクと感じないくらいのストローク力を身に付けることが出来ればなお良いですね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top