ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

速いレシーブを打つための練習法

速いレシーブを打つための練習法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は前回の速いサーブを打つ方法に引き続き、速いレシーブを打つための練習法についてお話しします。

レシーブが苦手な選手は大変多いと思いますが、レシーブはテニスの中で最も重要な技術といっても過言ではないです。

今日紹介する秘訣は誰にでもすぐ取り組めるものなので、ぜひ明日から取り入れてみて下さいね!

速いレシーブを打つには◯◯を狙う?

早速ですが、速いレシーブを打つための練習には狙うべきポイントがあります。

それはなんと「白帯」です。
え?わざとネットにかけるってこと?と思ってしまうかもしれませんがそうではありません。

そう、「ネットイン」を狙うのです。
なぜか?レシーブがネットインするためには2つの条件があります。

1つは「ある程度の速いボールであること」そしてもう1つは「白帯の上部にピンポイントで当てること」です。

1つ目のある程度速いボールであること、は簡単です。
とにかく思い切りスイングすればボールは速くなりますからね。

ポイントは2つ目の白帯の上部にピンポイントで当てること、です。

皆さんが普段レシーブを打つ際に狙っているのは、漠然とした方向つまり「コース」もしくはボールの「落下点」このどちらかなんです。

何が言いたいかというと、狙う場所が遠く漠然としている、そして普段のストロークと変わらない。
そのため普段と同じスイングになってしまいがちなんです。

しかしレシーブのスイングで1番大事なことは「コンパクトで鋭いスイングをすること」です。

理由はわかりますよね?
普段のストロークより距離が短いためです。

しかしながらこれが皆さん出来ていないんです。

しかし今回のように、わざと白帯に当ててネットインさせようとしてみて下さい。
自然とコンパクトで鋭いスイングになっていませんか?

白帯に当てるためには繊細なコントロールが必要なため、大きなスイングでは難しいです。
そしてゆっくりなボールだと白帯に当たったとしてもネットインしてくれません。

それがテニスをやっている人であれば無意識のうちにわかっているため、ネットインを狙うことで自然と理想の「コンパクトで鋭いスイング」になるんです。狙う場所が近くになるということも、スイングがコンパクトになるいい要因ですね。

まずはセカンドレシーブの練習から始めてみて下さい。

セカンドサーブを連続して10本打ってもらい、コースはどこでもいいのでとにかくネットインすることを意識してレシーブを打ちます。目標は10本中3本ネットインすれば上出来でしょう。

あくまでこの練習の目的は、ネットインさせる技術を身に付けることではなく、「コンパクトで鋭いスイングを身に付けること」なのでそこは必ず頭に置いて練習をしましょう。

セカンドレシーブで出来るようになってきた人はファーストレシーブでもやってみましょう。
簡単かつ合理的で有効な練習なので、すぐに効果が出ると思いますよ!

今までレシーブが苦手で速いボールを打つのをためらっていた方、このネットインレシーブの練習を積み重ね、是非苦手を得意に変えて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月10日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)