ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛レシーブの4つのポイントまとめ

前衛レシーブの4つのポイントまとめ

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
皆さんからのレシーブに関する質問が多かったため、今回は前衛レシーブの際に意識するべきポイントについてまとめてみました!

レシーブは前衛の力量が問われる重要な技術なので、出来ることなら得意にしておきたいものですからね!

前衛最短育成理論のバナー

レシーブ時に意識するべきポイント

⑴コンパクトで鋭いスイング

これは以前「速いレシーブを打つための練習法」にも書きましたが、レシーブではこのスイングが非常に大切になってきます。

コンパクトで鋭いスイングをすることで、ある程度の速さがあり、なおかつ「よく落ちる」ボールが打てるんです。

普段のストロークより前で打つレシーブは、ボールが落ちなければアウトしてしまいますからね。
さらにコンパクトなスイングにすることで、ストロークより速いサーブに振り遅れることなく対応することが出来るんですね!

詳しく知りたい人は上の記事を読んで下さい!

⑵「速さ」より「深さ」

これはそのままの意味ですね。
前衛のレシーブでは「速さ」よりも「深さ」が非常に大切になってきます。

理由は「ネットへつくまでの時間が多く取れる」「レシーブの次のボールを狙いにいきやすい」この2つです。

速いボールはもちろん効果的ですが、その分自分がネットへ走る時間も少なくなるということなので、空いているスペースにカウンターされる可能性が高いです。速くて短いボールだとなおさらですね。

そのため速いレシーブよりも深いレシーブを目指しましょう!

⑶メリハリ

ここでいうメリハリとは「ファーストレシーブ」「セカンドレシーブ」でのメリハリという意味です。

なぜかというと、ファーストレシーブとセカンドレシーブでは目的が全く異なってくるからです。

ファーストレシーブの目的
・不利な状況から始まるため、相手に攻められないようなレシーブを打ち、イーブンの展開まで持ち込むこと。

セカンドレシーブの目的
・有利な状況から始まるため、攻めのレシーブを打ち、展開になる前に得点を決めること。

このようにそれぞれの目的の違いから、ファーストレシーブとセカンドレシーブでのメリハリをつけることが重要となってくるんです。

例えば打つコース。
ファーストレシーブなら逆クロスに深いシュート・ストレートへの中ロブ・センターへのロブ。
セカンドレシーブなら前衛アタック・ツイスト・ミドル。といったように打ち分ける必要があります。

もちろん試合の状況によっても変わってくるので、あくまで一例ですよ!

⑷次の展開をつくるレシーブ

前衛のレシーブのコース次第で、次の展開をコントロール出来ることをご存知でしたか?

例えばあなたが逆クロスにレシーブを打った場合、それはあなたの後衛からすると「右ストレート展開」になります。

あなたがストレートへコース変更のロブレシーブを打った場合、それはあなたの後衛からすると「正クロス展開」になります。

右ストレート展開はあなたの後衛からすると「流しの展開」で、正クロスはあなたの後衛からすると「引っ張りの展開」になりますよね?

後衛ならだれしもが引っ張りか流し、どちらが得意か決まっているはずです。
後衛の調子が悪い時などは、前衛のレシーブの打ち分けで、その後の展開を後衛の得意な展開にコントロールする必要があるんです。

以上が前衛レシーブで意識するべきポイントです!
「コンパクトで鋭いスイング」のようにすぐ実践できるものから、「次の展開をつくるレシーブ」のように難しいことまで様々です。

ひとつずつ意識して習得し、レシーブが得意な頼れる前衛を目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年6月28日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。
    指導者の立場にいるので、
    いつも参考にさせていただいています。
    今回の内容ではないのですが、
    質問させていただきます。
    スマッシュを追ってさがったときに
    予測違いでハイボレーのボールが
    来ることがあります。
    私自身はウェスタングリップでスマッシュを
    打つため困ったことはありませんでしたが、
    イースタングリップで打つ場合は
    そのようなボールに対して
    どのように対応すれば良いですか。
    教えていただきたいです。

    • 返信遅れてしまい申し訳ございません。

      私もイースタングリップでスマッシュを打つのでこのボールの難しさはよくわかります。
      ウエスタングリップに握り替えてハイボレーで処理するのがベストですが、間に合わない場合はイースタングリップのまま面だけフラットでしっかりと合わせ、とにかく返すことを優先すべきです。

      無理やりスイングするのは絶対にNGです!

  2. ツバサさんこんにちは。
    今回の質問なのですが、レシーブをする際、出来るだけ早くネット前に行こうとしてしまい、いつもレシーブをする瞬間に飛び跳ねてしまいます。これを直す方法はあるのでしょうか?

    • 跳ねるのは良くないですね。いきなり直すのは難しいので、まずは跳ねる方向を上から前の方向にシフトしていきましょう。すると上下の目線のブレがなくなるので、それだけでもミスは激減するはずですよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)