ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛に特化したストロークの打ち方とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!

今回はボレーやスマッシュのようなネットプレーではなく、後ろでの「ストローク」についてお話しします。

前衛の皆さんはストロークをどう捉えていますか?
とりあえずネットにつくためのショット、後ろでしのぐためのショットと考えている方も少なくないのかもしれません。

しかし今の時代それでは勝つことはできません。次の展開のためにも、前衛もチャンスがあればトップ打ちや中ロブで攻めてからネットにつく必要があります。

しかし後衛のように毎回ドッシリ構えて打っていたら、リスクも高いし前にも走りづらい、そのため今日は攻めながらもネットにつきやすい、前衛に特化したストロークの打ち方を紹介します。

前衛に特化したストロークの打ち方とは?

攻めながらもネットにつきやすいストロークの正体とは、「ラケットを引かないストローク」です。

どういうことか?
当然ですがラケットを引かなければストロークは打てませんね?

しかし1つだけ、ラケットを引かずにテイクバックが完了する方法があるのです。

それは「自分自身が前に出る」たったこれだけです。試しに想像しながらその場に立ってやってみてください。

正面からボールが飛んできました。あなたはラケット(正確にはグリップ)をその場に固定し、左ななめ前へ右足、左足と2歩動きます。するとラケットは全く動かしていないのにテイクバックが完了していませんか?

そして当然ですが、普通にラケットを引いて打つ時と比べると、若干ですがネットに近付いているはずです。

この打ち方のメリットとして、
1.ボールをより前で打てるためネットにつきやすい。
2.より早いテンポで打てるため攻めやすい。
3.速いボールでなくとも十分に攻めることが出来るのでリスクが減る。
4.前に出るので気持ち的に受け身にならず、後ろでも攻め気でプレーできる。
5.レシーブにも応用できる。ということが挙げられます。

ラケットを引いてその場で打つのか、自分が前に出て自然にラケットを引かし、少しでも前で攻めれるよう努めるのか、これは意識ひとつで変えることができるので、ぜひ皆さんも日ごろの練習から試し、前にいても、そして後ろにいても相手にとって脅威な前衛を目指して下さいね!

やってみてわからない、上手くいかないことがあればコメントでお知らせください

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは!最近このブログを見つけて参考にしています!僕はいま大学の部活に入って前衛をしています。正直いうとストロークは嫌いです笑乱打もあまり好きではありません。そして、よく先輩からストロークもサーブも体が硬くなってるとかカクカク打ってると言われてなかなか治りませんなにか体をしなやかに使うためにいい方法はありませんか?教えて頂けると光栄です!

  2. こんにちは!最近このブログを見つけて最近にさせてもらっています!僕はいま大学の部活で前衛をしています。僕は正直ストロークは苦手です笑乱乱打もあまり好きではありません。そして、先輩からよくストロークやサーブの時に体が硬いとかカクカク打ってるとよく言われるんですが、体をしなやかに使うためになにかいい方法はありますか?教えて頂けると光栄です!これからもブログ楽しみにしています!

  3. ラケットそのままと言うのはテイクバック作ったままと言うことですか?
    よく分からないです
    絵で説明していただければ分かりやすいですm(_ _)m

    • ラケットをおへその前で持って構えていますよね?その状態からラケットを後ろに引いて持ってくるのではなく、自分が左斜め前に出て、結果的に後ろにテイクバックされている状態を作るということです!実際に動いてやってみるとわかると思いますよ!

      • 僕は後衛だったのでストロークは得意なんですけど・・それでも違和感なくできますか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)