ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛に特化したストロークの打ち方とは?

前衛に特化したストロークの打ち方とは?

前衛の皆さん、ストロークをどう捉えていますか?

・とりあえずネットにつくためのショット
・後ろでしのぐためのショット

このように考えている方も少なくないと思いますが、それでは高いレベルの試合で勝つことはできません。

前衛もチャンスがあれば、トップ打ちや中ロブで攻めてからネットにつく必要があるんです。

しかし後衛のように毎回ドッシリ構えて打っていたらリスクが高く、また前にも走りづらいですよね。

前衛は適度なフォームでのストロークが求められるんです。

そこで今回は攻めながらもネットダッシュがしやすい、前衛に特化したストロークの打ち方を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

前衛に特化したストロークの打ち方とは?

攻めながらもネットダッシュがしやすいストロークの正体…

それは「ラケットを引かないストローク」です。

当然ですが、ラケットを引かなければストロークは打てませんよね。

しかし実はラケットを引かずにテイクバックを完了させる方法があるんです。

それは「自分自身が前に出る」方法です。

伝えるのが少し難しいので、実際にラケットを持って動きながら読んで下さい。

正面からボールが飛んできたとします。あなたはラケット(正確にはグリップ)をその場(空中)に固定し、左ななめ前へ右足、左足と大きく2歩前に出ます。

するとラケットは全く動かしていないのにテイクバックに近い状態になっていませんか?

もちろんこの動作だけで完全なテイクバックをつくることは不可能なので、実際にはラケットをわずかに引きながら自分が前に出ることになります。

ではなぜこの打ち方が、前衛にとって理想のストロークなのか。

前衛に特化したストロークのメリット

この打ち方が前衛にもたらすメリットをまとめてみました。

⑴普通より前の位置で打てるためネットにつきやすい。
⑵より早いテンポで打てるため攻めやすい。
⑶速いボールでなくとも十分に攻めることができるためリスクが減る。
⑷前に出るので気持ち的に受け身にならず、後ろでも強気でプレーできる。
⑸レシーブにも応用できる。

主要な点だけまとめると「ネットダッシュがしやすく、さらにローリスクで攻めることができる」ということです。

前衛のストロークにおいて必要不可欠なポイントをしっかりと押さえていますよね?

まとめ

今回の内容をまとめると、

①前衛もチャンスがあれば、トップ打ちや中ロブで攻めてからネットにつく必要がある。

②攻めながらもネットダッシュがしやすい「ラケットを引かないストローク」がおすすめ。

③方法は簡単、自分自身が前に出ることでテイクバックを完了させる。

④このストロークはネットダッシュがしやすく、さらにローリスクで攻めることができる。

といった感じですね!

ラケットを引くのか、自分が前に出るのか。

些細なことですが、ストロークに与える影響は大きいです。

またレシーブにも応用できる打ち方なので、前衛の方は習得できるよう頑張って下さいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

(最終更新:2017年11月6日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ラケットそのままと言うのはテイクバック作ったままと言うことですか?
    よく分からないです
    絵で説明していただければ分かりやすいですm(_ _)m

    • ラケットをおへその前で持って構えていますよね?その状態からラケットを後ろに引いて持ってくるのではなく、自分が左斜め前に出て、結果的に後ろにテイクバックされている状態を作るということです!実際に動いてやってみるとわかると思いますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)