ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

足が動かない理由とその解決法

足が動かない理由とその解決法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、足が動かないという方のために、その理由と解決策についてお話ししていきますね!

たった1つのことを意識するだけであなたの反応は劇的に良くなりますよ!

前衛最短育成理論のバナー

足が動かない理由とその解決策

まず足が動かないといっても、別に足がもつれてしまうだとか、足が重いだとかいう人は、ほぼいないと思います。

ではなぜ足が動かないと感じてしまうのか、その理由は「脳」がどちらに動けばいいのか判断するのが遅いからです。簡単にいうと予測と反応ができていないんですね。

そしてそのような人に共通している特徴があります。それは相手が打つ瞬間、その相手のことをぼんやりとしか見ていないということです。

そういう人達は、ボールが相手のところへ近付くと機械的にどこかへ返ってくるように見えているはずです。それでは予測なんて出来るわけがないんです。

相手が打つ瞬間には、ある部分のみにしっかりとピントを合わせて見る必要があります。それはどこか?

「相手のラケット」です。

フォームや目線、足の方向など、どんなフェイントをかけたとしても、ラケットでフェイントをかけることは不可能です。
最後に直接ボールに当たるラケットは、100%ごまかしようがないんです。

ボールはラケットを振った方向へ必ず飛んでくるのですから、相手が打つ瞬間には「ラケットの動き」「インパクトの瞬間」のみにピントを合わせて見ていれば、脳に情報が伝わるのが早くなり、結果的に「足が動かない」なんて現象は起きなくなるはずです。

これが足が動かない人の原因と、その簡単な解決策なんですね。

たった1つ、相手のラケットをしっかり見るだけで、今までよりコンマ数秒早く動けるようになるんです。そんなこと意識したこともなかった、という方は早速明日から意識してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)