ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

短いボールを有効に使う

短いボールを有効に使う

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、短いボールの使い方についてお話しします。

皆さんもしかすると短いボールにあまりいいイメージはないかもしれません。
なるべく一定以上の深いボールを打つように先生やコーチに言われている人もいるでしょう。

もちろん深いボールはセオリー通り効果的ですが、短いボールも場合によっては有効打となります。

しかしそれは「低いボールに限って」です。偶然短くなってしまったというボールでは、ラッキーはあるかもしれませんが、試合ではそんなもの頼りになりません。

本当に短いボールを使いこなすには、「低く」「速く」「短い」ボールを意図して打てるよう練習しなければなりません。

「低く」「速く」「短い」ボールのメリットとその使い方

低く短いボールを打てるようになるとプレーの幅が大きく広がります。

まずメリットとしては
・相手を前に出すことができる。
・低くネットに近いため攻められない。
・ロブという選択肢がほぼないため、前衛はポーチに出やすい。

などが挙げられます。また短くて速いボールを打てることは、ダブル前衛対策にもなりますよね!

では肝心な打ち方ですが、意識することは一つだけです。

とにかく「コンパクトに素早く」スイングすることを意識して下さい。

短いボールを打とうとする際、スイングスピードを遅くするのは絶対にNGです。

スイングの大きさを小さくし、スイングスピードはいつもより速くする。

これが、「低く」「速く」「短い」ボールを打つ秘訣なのです。

この打ち方をマスターすると、後衛を前後に動かしたり、前に出てくる前衛の足元を正確についたりと、プレーの幅が大きく広がります。

短いボールはいけない!という固定観念にとらわれず、場面に合わせた柔軟なプレーができる選手になって下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)